FC2ブログ

Sun 2009-08-23

埼玉県にお住まいの「T」様。
ミニ1000MTでキビキビ走る、素敵な女子のお客様です。

今年の猛暑でトラブル発生。エンストの症状が多発し、ご入庫頂きました。
お話を伺うと、暑くなってから症状は出始めたそうで、
ACを使用すると、アイドリング時に必ずエンストする・・と、

早速、お預かりし修理に取り掛かります。

gazou_0719_8007.jpggazou_0719_8011.jpg

原因はパーコレーションとアイドリング不調と思われます。

キャブ車の場合、エンジン熱などでガソリンが気化してしまい、
キャブに燃料が届かなかったり、沸騰してしまい、
インマニに燃料が流れ出したりします。
その際にプラグがカブってしまう事があります。

AC付きで、エンジンルーム内の冷却不足による事も大きな原因の一つです。

gazou_0719_8009.jpggazou_0719_8012.jpg

一番安上がりで、効果的な解決方法は、
AC含めて、いらないものは全て取り外す!です。

ただ、その辺は女子のお客様の場合、現実的ではないので・・・、却下。

今回、ご予算の都合もあるので、遮熱板自作取り付けと、
燃料ホース取り回し改善を行います。

gazou_0719_8020.jpggazou_0719_8016.jpg

キャブを取り外し、遮熱プレートを取り付けます。

gazou_0719_8023.jpggazou_0719_8001.jpg

ブレーキの音鳴きも、気にされていたので、
パッド脱着、面取り、リアシュー面取り、調整を行い完成です。
ついでに水周りもサービス点検して出来上がりです。

これから夏本番、水周りや電気系含め大きく車に負担が掛かります。
トラブルを起こす前に、必ず点検をして下さい。

正直、熱対策を行っていないミニ1000でAC付き車の場合、
似たような症状は多かれ少なかれ発生しております。

gazou_0810_9002.jpggazou_0810_9001.jpg

点火時期が多少狂っていたので調整します。

調子悪い、エンストする→エンストしないようアイドリングを上げる→
プラグを外して見る→焼け過ぎ、もしくは煤で真っ黒→ミクスチャーを弄る→
余計に調子悪くなる・・・。

キャブ本体だけでなく、
エンジン本体や点火系、電気系や水周り等総合的に診た上で判断しないと、
ほとんどの場合、泥沼スパイラルに落ちます。

gazou_0810_9006.jpggazou_0810_9020.jpg

各気筒の圧縮を計ります。
4気筒とも大きなバラつきは無く、問題ありません。

キャブの分解調整をして、エンジンを始動しAC入れたまま、しばらく放置・・、
とりあえず大丈夫そうなので、実走でテスト致します。

わざと混んでいる市街地をだらだら流して様子を見ます。
水温OK、アイドリングは気持ち高めで、AC入れてもOK。
信号待ち等のゴー・ストップもOK。エンストの症状は改善されました。

2~3日テストを繰り返し、バッテリー点検、発電充電系点検、
最後にプラグを外してチェックし、キャブの最終調整を行います。OKです。

どうも最近、女子のお客様の場合、サービスが良過ぎる・・と、
一部のお客様より非難の声が上がっておりますが、そんなの無視!
当店をご贔屓に来店頂いている、女子のお客様には徹底的にサービス致します。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Comment




管理者にだけ表示を許可する