-- --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thu 2010-07-22

ザ・キュアー The Cure

「僕は死人だ」なんて、
デビューした当時から辛気臭く歌っています(笑)。

gazou_100712_000.jpg

前身のバンドMalice、そしてEasy Cureを経て、
1978年に結成された、UKニューウェイヴ超大御所バンド。

ボーカル&ギター担当のロバート・スミス(Robert Smith)、
ベースのマイケル・デンプシー(Michael Dempsey)、
ドラムのローレンス・トルハースト(Laurence Tolhurst)の3人が
The Cure のオリジナルメンバーですが、他のメンバーは結構流動的なんで、
ほぼ、ロバート・スミスのワンマンバンド・・って感じです。

初期はパンク色を濃く残した、ニューウェイヴのバンドでしたが、
メンバーの入れ替わりとともに音楽性も変遷し、
その活動歴は四半世紀を越えており、多くのバンドがいなくなる中、
しょっちゅう解散宣言しては、舌の根も乾かぬうちに活動再開・・、珍しいバンドです。

今の英国音楽シーンの中で、その影響を受けたと公言するフォロアー達は沢山おり、
今でも、影響を与え続け、若手とのコラボレーションにも精力的です。

gazou_100712_001.jpg

中心人物のロバート・スミス、変人で知られていて、
化粧して歌う姿からビジュアル系のはしりともされます・・・(笑)。

いい年こいてるのに、頑なにゴスメイクに拘り続け、
ボサボサの髪、真っ黒なアイシャドウ、三白眼、真っ赤な口紅(笑)、
長嶋茂雄並みのヒゲの濃さにあご割れオジサンです。

gazou_100712_002.jpg

デビュー当時は繊細な文学青年風でしたが、
「Pornography」の頃から変化し始め、1984年の「The Caterpillar」以降、
現在の姿になりました・・・。

また、1985年頃から太りだし、
時々ダイエットしてはリバウンドで前より体重増を繰り返しています(笑)。
永遠のカルトヒーロー万歳!

でも、何だかんだで、
ここまで活動し続けているというのは、とても嬉しく思います。

gazou_100712_1.jpg

ザ・キュアーの良さ、魅力を言葉で説明するのは難しいんですけど、
落ち着かない感じっていうか、歪んだ明るさというか・・・、
それでも、UK指折りのカルトヒーローで、
インディーな音で、ポップアルバムとしての到達点を示しました。

UK80`NewWaveムーブメントど真ん中から、今の今まで現役。
是非、聴いて見て下さい。

イギリスのユースカルチャームーブメントをご紹介する上で外せません。
私がリアルタイムで感じた、当時の英国の音楽シーンを感じて頂ければと思います。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。

Comment




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。