Thu 2012-01-12

Cibo Matto チボ・マット

UKモノとは、チョッと毛色違うんですが、
USニューヨークで活動してる日本人女性バンド、Cibo Matto

ニンジャとか、ゲイシャとか、サムライとか・・・(笑)、
そう云うのキワモノじゃないバンド。大好きです。

gazou_201120111_0008.jpg

ヒップホップ、ロック/ソウル、ファンク、ボサ・ノヴァ・・・といった、
様々なスタイルを緩~くごった煮。

そのガンバリ感の無い雰囲気で、
「所詮日本人はまだまだ海外のアーティストにゃ敵わない」
という、ネガな考えを軽~く吹き飛ばしたバンドです。

gazou_201120111_0001.jpg

本田ゆか(sampler&key)と羽鳥美保(vo)、
この二人が日本の音楽シーンに与えた衝撃は、ホント大きかったです。

1994年、ニューヨークを拠点に音楽活動を続けていた本田ゆかと、
当時留学生でほとんど音楽活動の経験が無かった羽鳥美保が、
共通の知人の紹介で出会い意気投合。

イベントに出演する為にユニット結成、当初はこのイベントのみの活動の予定でしたが、
その後も2人組でライブ活動を続け、Cibo Mattoに改名。

gazou_20110112_0525.jpg

1995年にEl Diablo Recordsからシングル「Cibo Matto」を発表。

ソウル・コフィンとジョイントライブを行なった際に、
見学に来ていたミッチェル・フルームに見初められ、
彼の紹介でワーナー・ブラザーズ・レコードと契約を交わします。

1996年に奇才オルタナ・プロデューサー、
ミッチェル・フルーム&チャド・ブレイクをプロデューサーに迎え、
アルバム「Viva! La Woman」でメジャーデビュー。

ユニークな歌詞とゆるいサウンドでカレッジ・ラジオ層を中心にファンを獲得。
CMJチャートで6週連続1位を記録。

同アルバムの収録曲「Sugar Water」「Know Your Chicken」
このプロモーションビデオをそれぞれミシェル・ゴンドリー、
エヴァン・ベルナルドが手掛け、MTV層のファンも獲得します。

同時期にミュージシャン間の交流も増え、
オノ・ヨーコのアルバム「Rising Mixes」でのリミックスの依頼を受け、
そのレコーディングをきっかけに本田がショーン・レノンと付き合いはじめます(笑)。

ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンのラッセル・シミンズ(ドラム)、
スケルトン・キーのリッキー・リー(パーカッション)、映像作家のマイク・ミルズと、
チボ・マットのサイドプロジェクトButter 08を立ち上げ、
ビースティー・ボーイズのレーベルからアルバム「Butter 08」を発表。

同アルバムにはショーン・レノンもゲスト参加してます。

gazou_201120111_0006.jpg

1997年のシングル「Super Realx」からショーン・レノン、ティモ・エリスが、
1999年の「Working for Vacation」からデュマ・ラヴが加入したが、
2001年夏のライブを最後に活動停止。


以降、二人はそれぞれがソロ活動を展開し、
羽鳥美保はGORILLAZの作品に参加、
BECKのギタリストでお馴染みのSmokeyのユニットSmokey & Miho・・・等々、
本田ゆかはソロで三枚アルバムリリースしています。

事実上解散状態にあった彼女達なんですが、
昨年、3月27日にYoko Ono、SONIC YOUTH、Mike Patton、Sean Lennonなどと、
ニューヨークで開催された東日本大震災チャリティー・ライヴに出演。

6月のロスでは、YMO、テイ・トウワ、Buffalo Daughterらとともに、
10年以上ぶりに復活ライブを行いました。

新作のリリースも2012年に予定していることが明らかに。

gazou_201120111_0007.jpg

日本が誇るオルタナバンド。
「洋楽」として「洋楽」な売れ方をしている彼女たちの活動は、
世界の壁を下げた(笑)パイオニアとして、
後進のアーティストに影響を与え続けるでしょう。

再活動を楽しみに新譜待ってます。

是非、一度聴いてみて下さい。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。

Comment




管理者にだけ表示を許可する