-- --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thu 2011-12-15

gazou_1203_0003.jpg

RAISE 1991y

デビュー作。
クリエイションのアラン・マッギーに見出され、同レーベルよりリリース。
轟音ギターにダりぃヴォーカルが魅力、シリアスなダイナソーJrといった感じ。

メタルファンからもウケが良かったという一枚、
そして現在では彼らの代表作となっている本作。

ドライブ感バリバリ、
爆音ギターに力強いドラム、刺さりそうなソリッドなベース、
メロディアスにしてクールなボーカル、かなり直球ロック。

「Pile-Up」や、「Son Of Mustang Ford」マジ、おススメです。
初期ダイナソーや同時期のソニックユースが好きなら必ずハマる音。
青春の一枚、お気に入りです。

gazou_1203_0004.jpg

MEZCAL HEAD 1993y

メンバーチェンジを経ての2nd。

良作です。

前作よりも、どっしりとした印象でミドルテンポの曲が多く、
聴き様によっては飽きちゃう感じですが、
クドイぐらいのリフの繰り返しがイイ。

独特の空気感で音はラウドで芯が太く、かつ繊細で、
派手さはないが個人的には1stより好き。

ドリーミーなメロディが印象的な「Duel」は名曲。

ハマります。

gazou_1203_99.jpg

EJECTOR SEAT RESERVATION 1995y

1995年の3rd。

これまでより抑え目のトーンですが、
ラウドな音と雰囲気は相変わらず個性的。

「Bring Me The Head Of The Fortune Teller」に代表される様な、
メロディアスなベースとダルい歌いっぷりが実にカッコイイ。

ダメ男の男道みたいなものが滲み出てる感じ(笑)。

今聴いても十分新鮮で魅力的な一枚。

gazou_1203_0001.jpg

99TH DREAM 1998y

4枚目のアルバム。

サウンドが多少丸くなったとはいえ、
スワーヴドライヴァー特有の雰囲気は変わらず。

タイトル通り、夢見てるみたいなアルバム、
「99th Dream」「Up From The Sea」
「She Weaves A Tender Trap」この流れが、おススメです。

サイケデリックでメランコリック、
イイんですよ。堪りません。

泥臭さと垢抜け具合、粋と野暮、
このバランス感が按配がイイんです。

ただのハードロック風の音にならないのは流石。

gazou_1203_0000.jpg

Juggernaut Rides 89-98 2005y

スワーヴドライヴァーのベストアルバム。

シングル曲をバンドの年代順に網羅してあり、
さらに、ほとんどのB面曲も収録。お買い得。

そのうえ、デモ音源&未発表曲を加え全曲リマスタリングされた
2枚組33曲/約2時間30分というボリューム、好きモノには堪らない編集盤。

通して聴くと、彼らの魅力は激しいノイズギターだけではなく
歌心のあるエモーショナルなヴォーカル、
ソングライティングの素晴らしさを改めて感じます。


マイブラ、スロウダイブなどとは違う、
独自の路線、個性を持つロックの陶酔感を追求したサウンドは単純にカッコいい。

是非、一度聴いてみて下さい。

イギリスのユースカルチャームーブメントをご紹介する上で外せません。
私がリアルタイムで感じた、当時の英国の音楽シーンを感じて頂ければと思います。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。

Comment




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。