-- --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat 2011-10-29

皆野にお住いの「K」様のキャブクーパーです。

オイル交換のご依頼でしたが、
次回からご自分で「ヤってみたい」とのお話し。

ご自分で手を汚して、
愛車のメンテナンスするって意気込みはイイですね。

群馬辺りごく普通に通勤等でミニを日常使用した場合、
平均して、月1000km走行、3000kmにオイル交換実施して、
年四回のオイル交換・・・となります。

ランニングコスト考えるとご自分でオイル交換は維持費の節約は間違いないです。
お店的にはアレですけど(笑)。

026.jpg028_20111021162306.jpg

そんな訳で、当社のUちゃんのオイル交換作業見て貰って、
やり方を覚えて貰います。

まずはドレンを・・・・の前に必要なものを。

エンジンオイル、オイルエレメント、
自宅でオイル交換する場合は必需品の廃油処理パック、
あとはビニール袋とかウェスとか。

そして工具、ジャッキ、ウマ、
15/16のソケット、もしくはメガネ(あんまりおススメしませんが)
ソケットの場合は当然ラチェットハンドル、オイルフィルターハンドル、
さらに廃油トレイ・・・といったところでしょうか。

027_20111021162306.jpg029_20111021162305.jpg

ドレン外し、オイル被らない様気を付け、廃油を排出。
時間かけてオイル抜き、ドレンワッシャー点検し、ダメならケチらず交換。

ドレンボルト締め付け、ミニのミッションケースはアルミなんでネジ山壊さない様、
ドレンを締めていき、回らなくなってからチョッと締め込んだ位の強さでOK。

ちなみにミニの締め付けトルクがどれくらいかと言うと、3.5kgf-m。
トルクレンチをお持ちなら試してみてください。

下回り綺麗にし、後はこぼさない様、廃油の処理、
新しいオイルを適正量を注いで、エンジン始動。

エンジン止めて適時オイルが落ちるのを待って、
再度レベルゲージで計測、OKなら終了です。

次回、頑張ってチャレンジしてみて下さい。

自分でオイル交換すると、愛車への愛着増すし、
オレってデキるじゃん的な、弄ってる感に酔って頂ければと思います(笑)。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Comment




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。