Mon 2011-06-27

オイルダダ漏れでご来店頂いた、富岡の「Y」様のメイフェア。

作業場に停めた傍からポタポタ・・・と、
あれよあれよという間にオイル溜まりが出来ました。

こんなにオイル漏っててエンジンやAT大丈夫なの?

gazou_0606_8000.jpggazou_0606_8003.jpg

早速リフトに上げてみると、至るところからオイル漏れ、
一番酷いのはデフサイドシールです。

飛び散ったオイルがダウンパイプにかかり、焦げてイイ匂いさせてます。

どうしますか?って事で、
「Y」様とお話し「予算〇万円内でとりあえず出来るところまで・・」と。

gazou_0606_8002.jpggazou_0606_8001.jpg

そんな訳で、デフサイドシールのみで行きます。

とりあえずオイル抜き、、各部洗浄します。
抜いたオイルが異様に少ない・・、これヤバいかも。

ドライブシャフト外し、シールの交換を行います。
リフトで上げついでに下回りも点検していきます。

gazou_0606_8016.jpggazou_0606_8014.jpg

ついでに目視で、他オイル漏れ、点火系、水回り、吸気系・・と点検していきます。
フレッシュなオイルを入れて、エンジン始動。OKです。

基本、デフのサイドシール交換はお預かり作業です。
エンジンオイルを抜かないと作業が出来ません。
オイル交換の際に、一緒に作業をご依頼下さい。
出来る事ならクルマを預からせて貰い、
液体パッキンをしっかり硬化させてからのほうがモアベターです。

gazou_0606_8008.jpggazou_0606_8010.jpg

そしてコレ、デフサイドシールオイル漏れでホイール外した瞬間、
言葉が出ませんでした。左右ともブレーキがありません(笑)。

パッドのベースプレートでローターを咥えていました。

gazou_0606_8011.jpggazou_0606_8009.jpg

ブレーキ追加でお話したんですが、
ご予算が厳しいそうで、ローター交換無しでパッドのみです。
ジャダや音鳴き出るでしょうが致し方ありません。

他にもオイル漏れ、滲み、要整備箇所まだまだあります・・が、
今回はご予算の都合でここで打ち止め。
現状のクルマのコンディションを「Y」様にお伝えします。

テスト走行に出ると・・・、ATの反応が鈍い、
ブレーキは思ったほどジャダは出ません。
いずれにせよ、動いているうちに何かしら考えないと・・思います。

チョッとコンディション的に厳しい一台でした。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Comment




管理者にだけ表示を許可する