-- --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thu 2011-06-16

gazou_0601_008.jpg

Protest Songs 1989y

前作「Steve McQueen」完成直後に約2週間で完成させたというアルバムで、
セルフプロデュース作。

「Steve McQueen」や「From Langley Park To Memphis」の頃、
リリースはされていなかったものの、当時のライヴで、
ほとんどの楽曲をすでに演奏していたそうです。

プリファブ節全開な「Life of surprises」や、
パディ一人の弾き語りによる「Dublin」
元々「Swoon」期にリリースされたシングルで、
再びこのアルバムの為に再録音されたバラードの「Diana」
ラストの曲、チョッとバカラックやジム・ウェッブぽい、
ピアノ・バラード「Pearly gates」等、
比較的地味目で、1st「Swoon」の感触に近い感じで、
どの曲も超一級品揃い。

それにしても、これをたったの2週間で完成させたとは信じられない完成度です。
おススメです。

gazou_0601_006.jpg

Jordan: The Comeback 1990y

「Protest Songs」に続いてリリースされた、
彼らの1990年発表の5th。全19曲、約70分に及ぶ大作。

英国指折りのソングライター、パディ・マクアルーンによる、
ロマンティックな雰囲気、凝ったメロディライン、
トーマス・ドルビーの絶妙のアレンジとプロデュース、
文句なしのこれまた名作。

元々このアルバムは、アメリカの伝説的アウトロー Jesse Jamesをテーマに、
コンセプトアルバムとして製作された・・なんて話の一枚。

ポップで開放的な「Looking For Atlantis」を始め、
今回も勿論絶好調な仕上がり。
特に、神の視点から描いたパディならではの、
捻った名曲「One Of The Broken」は絶品。
一筋縄ではいかないひねくれたメロディの「Moon Dog」、
ボレロのリズムに乗せて歌われる、
不可思議で美しいメロディの「Jesse James Bolero」
甘美というしかない「Paris Smith」等・・言う事無しの一枚。

聴き所も満載の名盤、なんてたって19曲ですから(笑)。

gazou_0601_002.jpg

A Life Of Surprises 1992y

ベスト盤。

・・・と言っても1st「Swoon」からの選曲は無しで、
トレヴァー・ホーンとステファン・リプソンが,
数曲をプロデュースした新曲も収録されています。
新曲2曲を追加して、発売されたベスト盤。

当時フロアチューンでヒットした「IF YOU DON’T LOVE ME」と、
「LIFE OF SURPRISES」はオリジナル・アルバムには未収録で、
このベストにしか入ってません。

しかしプリファブ・スプラウトはコレクター泣かせで、
シングルやカットアウト盤はアルバムに未収録多く、
いまだに聞いた事無いバージョンや曲があります。
それなんでファンとしては、つい買っちゃうんですよね(笑)。

おススメです。是非、聴いて見て下さい。

イギリスのユースカルチャームーブメントをご紹介する上で外せません。
私がリアルタイムで感じた、当時の英国の音楽シーンを感じて頂ければと思います。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。

Comment




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。