Sun 2010-10-17

高崎からご来店頂いた、女性オーナー様の「T」様です。
お乗りのミニの事でご相談頂きました。

「何度も、何度もバッテリーが上がっちゃうの・・・」
「毎朝エンジンがかかるかどうか不安で・・・」とのお話。

現車を拝見していないのでナンとも言えませんが、
「そんなに大したトラブルじゃないですよ・・」
「大丈夫です。御心配無用です・・」と、
女性オーナー様だけに、これでもか・・と言うほど親切にお話しました(笑)。

後日ご来店の頂き、早速点検してみると・・・、
発電、充電不良かと思いきや、テスターあてると正常に発電しております。

そんじゃバッテリーを診て見て・・・、おおぉ~!

バッテリーが沸いた跡が!

大した事ない・・って言った手前、
御本人の前で、コリャまた・・・凄い!とは言えません(笑)。

お預かりして、原因究明と通常点検、整備のご依頼、
ボディのクリア剥げのリペイントでお化粧直し、
以上、お見積もりをご用意しご連絡させて頂く事とあいなりました。

gazou_100919_1001.jpggazou_100919_1019.jpg

ひとまず、荷物やスペアのバッテリー(笑)を降ろし、
そうなんです、始動不良で予備バッテリーをトランクに積み、
ジャンプして始動させてたようです。

トランクマットはバッテリー液を吸い込みボロボロに・・・。
バッテリーカバーは、ナンだかふやけた黒い段ボール状に・・・。

gazou_100919_1023.jpggazou_100919_1024.jpg

車体のバッテリーを外し、トランク、バッテリーケースを流し清掃。
あっ!というまに、錆が大発生し、ほっとくとみんな腐っちゃいますから・・。

どうも過去にサルフェーション(潮吹き)を起こした様子で、
各ターミナルも腐食、ボディアース不良が始動不良の原因の一つ。

gazou_100919_1081.jpggazou_100919_1080.jpg

オルタネーターは正常に作動しており、
レギュレーター不良辺りで、過充電かと思いきやそうではない様子、
考えられるのは・・・、

ん!んん!

ステディロッドのエンジンアースが見当たりません?
どっか違うとこに取り付けてある・・気配もないし?

・・・非常に危険です。へたすりゃクルマが燃えてた可能性もあります。

「T」様にご連絡し、他にも要整備な部分が多々あり、
伝え辛いですが、現状おクルマの状態を有り体にお話し、
ココでキチンと整備しましょうとお伝えし、概算のお見積もりを検討して頂き、
GOサインを頂きました。

gazou_100919_1013.jpggazou_100919_1009.jpg

そんな訳で整備開始です。

法定点検プラス、各部注油、まし締め、120項目のチェック点検の上、
不具合のある部分を拾い出し交換部品を揃えます。

gazou_100919_1047.jpggazou_100919_1044.jpg

なにはともあれ、オイル、オイルエレメント交換です。

抜いたオイルは、一昔前に流行ったゴマドリンク風、
ドレンボルトは、きのこの山状態でした。

これまた、芳しくありません。

エレメント外す前に、フレッシュオイル入れてフラッシング。
こちらは、女性オーナー様だけのサービスで御座います。

gazou_100919_1014.jpggazou_100919_1025.jpg

スロットルボディとインジェクターはこの状態・・・。
ワニスビッチリ、ひとまず取り外し洗浄致します。

そして目を移すと、ん!
ファンベルトカバーがついておりません(笑)。

gazou_100919_1008.jpggazou_100919_1007.jpg

そんなんで、水回りに手をつけると・・、
ラジエターの中がヘドロっております。

ガンガン水を流して洗浄、
ヒーターコアへも水を流すとまたヘドロが出始め・・・の繰り返し、
三十分ほど流してようやく透明になってきました。

gazou_100919_1069.jpggazou_100919_1068.jpg

一発目に抜いたクーラントの画像は、危険画像なので自主規制(笑)。
画像は最初に水を流して出てきた汚水・・・。

ベルト、ウォーターポンプ、各ホース点検し、
サーモ、ガスケット、電動ファンスイッチ、ラジエターキャップ交換、
サーモボルトは錆び錆びで、うまい具合に折れずにどうにか抜けました。

gazou_100919_1034.jpggazou_100919_1094.jpg

ナンでか、取り外されていたファンベルトカバーも取付、水回りは一段落。

タペットカバーのオイル漏れでパッキン交換、
ついでにガシャガシャ音が大分出ていたので、タペットクリアランス調整です。

gazou_100919_1092.jpggazou_100919_1093.jpg

ステディロッドブラケットはUPは腐食交換、
LOWは割れ溶接、ブッシュは1mmオーバーサイズ圧入の強化品に交換、
エンジンアースをキチンと取り付けて揺れ止め完了。

gazou_100919_1005.jpggazou_100919_1063.jpg

下回りを点検、洗浄し、ダダ漏れだったオイル漏れの修理。

まずは、デフのサイドシール左右交換。
各ゴム類、ブーツ類、要点検交換します。

gazou_100919_1004.jpggazou_100919_1058.jpg

続いて、シフトシール、シフトブーツ交換、
LOW揺れ止めブッシュ交換します。

排気漏れ点検、各マウント点検、増し締め、
サブフレームマウント、エンジンマウントも各増し締めします。

gazou_100919_1104.jpggazou_100919_1066.jpg

ステアリングラッブーツ切れで、これまた交換。

各部ジョイント洗浄、グリス充填、
そして、ラック自体を固定しているU字クランプも緩々で増し締め。

gazou_100919_1064.jpggazou_100919_1065.jpg

パッドもチビていて、この状態、ブレーキまわりは要整備、交換です。

キャリパー、ピストン、シール点検清掃、
フロントブレーキパッド新品交換組み込み、パッドピン交換です。

gazou_100919_1097.jpggazou_100919_1098.jpg

続いてリアは、左右ホイールシリンダー固着、フルード漏れで交換、
リアシュー新品交換組み込み、各調整して、
サイドブレーキワイヤーグリスアップ。

マスターシリンダー清掃の上、
フルード交換してFRエア抜きを行います。

gazou_100919_1082.jpggazou_100919_1103.jpg

バッテリーは再利用出来る感じなので、補水、充電。

鉄板しっかり出してマイナスアース錆び取り、トランク回り清掃を終え、
スペアタイヤを納め、カバー取り付けます。

エンジンオイル入れエンジン始動、クーラントのエア抜き、補充を行います。
オイル漏れも収まり、ひとまず作業完了。

一晩そのまま放置し、
翌朝再度エンジン始動、問題なく一発始動。元気にセルが回ります。

gazou_100919_1076.jpggazou_100919_1077.jpg

サーフブルーのボディが眩しいですが、各部クリア剥げが目立ちます。

ボンネットペイント、ルーフは白にペイント、
左ドアの凹みも合わせてペイント致します。

gazou_100919_1110.jpggazou_100919_1108.jpg

板金屋さんからあがって来てみると、まぁ綺麗!
見違えりました。

あわせて、各部磨き作業、
粘土で鉄粉取りを念入りに行い、ポリッシャー掛けします。

gazou_100919_1112.jpggazou_100919_1113.jpg

各部小傷取り、ウォータスポット取り、ワックスがけ、
最後に樹脂パーツの艶出し、内装掃除を行い完成です。

ご来店頂いた、「T」様におかれましては、
見違えた愛車を大変気にって頂いた様子で、大変うれしく思います。
大変お待たせ致しました。

キチンと心配無く乗れる状態にはなりました・・が、
まだ幾つか手を入れたい部分は正直あります。
なので、今後も定期的なメンテナンスをお願い致します。

しかし、最近車検整備を受けられたとのお話でしたが、
何処で車検受けたか知りませんが、コリャまた酷い!
こんな適当な整備で、車検通して、しかも本来ついているモノもつけずに!

あまりにも酷過ぎです。

何度も書きますが、お店選びは本当に大事です。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。

Comment




管理者にだけ表示を許可する