Sat 2010-06-12

たまたま・・K様のプジョーの納車整備の時、リフトに上がってるプジョーを見られてて、
整備のご依頼を頂いた、「F」様の206XSです。

タイミング良いんだか、悪いんだか・・・、
何故か、フランス車入庫してくるんですよねぇ・・、困るんですけど(笑)。

冗談さておき、作業開始です。

gazou_100521_1001.jpggazou_100521_1002.jpg

ざっと、点検すると・・・、
距離も少ないし、足回りはそんなに傷んでいる感じには見えません。

今回のご依頼は、オーナー様のご希望の足回りのリフレッシュと、
車高調整ローダウン、各パーツの取り付け依頼です。

gazou_100521_1036.jpggazou_100521_1046.jpg

フロントサス、ショック、ロアアーム交換なので、
ドライブシャフト抜いて、ばらします。

gazou_100521_1012.jpggazou_100521_1048.jpg

ここで一つ、問題発見。ブーツ切れです。

ブーツの寿命って訳では無く、
前回の交換時にバンド止める際に、どうも切っちゃった・・って感じの切れです。

ブーツ交換ついでに、ジョイント洗浄、グリス充填して新品組みます。

gazou_100521_1031.jpggazou_100521_1030.jpg

OEMのロアアームです。

組み付け前に、点検するとやっぱりグリスが少ない。

グリスを最充填してやります。
こんなひと手間で部品の寿命は大幅に変わります。

gazou_100521_1007.jpggazou_100521_1034.jpg

各パーツを組み込み、
T/Mオイル交換、下回り点検、増し締めを行います。

gazou_100521_1022.jpggazou_100521_1020.jpg

作業は前後しますが、フロントのサス回りです。

ショック交換、社外製品・・・、
3cmじゃなくて、incっぽい、ローダウンのばねを組みます。
結構・・っていうか、かなり下がると思うんですけど・・。

gazou_100521_1045.jpggazou_100521_1027.jpg

スプリングコンプレッサーで締めあげ、
ショックに組んでいきます。

上でご紹介した、ロアアーム取付時に、
サスを車体に組み付けて、フロント回り完成です。

gazou_100521_1004.jpggazou_100521_1035.jpg

一旦、リフトから降ろして、
フロントの下がり具合の確認して、続いてリアです。

ダンパー交換し、トーションバー調整を行い、
フロントに合わせ、車高を落とします。

コレがまた面倒なのよ!
プジョー専門店の足回りの工賃、値が張る訳だ(笑)。

gazou_100521_1056.jpggazou_100521_1059.jpg

画像左がフロントダウンのみです。リアのタイヤハウスの隙間に注目。

画像右がフロント、リア共に調整後です。
分かり辛い画像で申し訳御座いませんが、違いが分かって頂けると思います。

アライメント(サイドスリップ)をとり直し、
最後にクイックシフトリンケージを取り付けて完成です。
大変お待たせ致しました。

中古で購入され、自分の愛車のコンディションのリセット・・・的な、
意味合いがメインの感じのメンテナンスのご依頼でした。

チョイ古輸入中古車と付き合う上で、
大事なことを踏まえてる考え方のオーナー様です。

乗りっぱなしのくせに、「輸入車は壊れる・・」なんて騒いでいる、
インケツオーナーは見習って頂きたく思います(笑)。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。

Comment




管理者にだけ表示を許可する