-- --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wed 2010-03-31

左から右へコンバートのミニ1000の続きです。

gazou_100228_4088.jpggazou_100228_4044.jpg

クラッチマスターシリンダーの移設、ワイパーモーターの移設も終え、
他細々手を入れていきます。

センターメーター化の準備もします。
車内のステアリング、ペダル類のコンバートの準備も始めます。

gazou_100228_4105.jpggazou_100228_4107.jpg

同時進行で、キャブのオーバーホールを行います。
お預かりした際に、綺麗に吹かない、引っかかる、
運転中アクセルをパーシャルで波打つ・・、どうも調子がよくありません。

開けたら、汚れでべとべと、ダンパーオイル空っぽ、ワニスびッちり、
ジェットやポッドを点検しながら綺麗にしていきます。

各パッキン類は新品交換。ジェット、ニードル、フロートも交換致します。
油面を調整して完成です。

gazou_100228_4047.jpggazou_100228_4048.jpg

後は劣化した燃料ホースを交換し、
インマニガスケット、インシュレーターパッキン新品入れ、組み上げて完成です。

エンジン始動してみると吹け上がりもスムーズで、
引っ掛かりも無く、大分調子よくなりました。

gazou_100228_4026.jpggazou_100228_4029.jpg

車内が「外して」「外して」で、サッパリしている内に、
ヒーターコアのリペアを行います。

ヒーターコア配管の首から水漏れしており、リペア致します。

gazou_100228_4036.jpggazou_100228_4031.jpg

ヒーター、バルブ、ホース、ユニットを綺麗に掃除して、
腐ったスポンジを剥がし、新品を貼り付けて、ユニットに込みこみます。

画像では、もうすでに右ステアリングシャフトが装着されております(笑)。

gazou_100228_4060.jpggazou_100228_4045.jpg

右用ステアリングラックの組み込みが終わり車内側を仕上げます。

ペダルボックス、ペダルASSYは部品取りからもいで取り付けます。
各スリーブ、クレビスピンを新品に換えグリスアップします。
新品アクセルワイヤーを引き込み取付致します。

gazou_100228_4065.jpggazou_100228_4066.jpg

純正のプラスチックのメーターパネル、メーター、
クーラー吹き出し口等をを取り外し、
センターメーターは「140km リビルドフルセット」を使用します。

カウルを仮付けし配線を納めていきます。

ノーマルのメーターパネルを外して、センターメーター化すると、
両サイドのエアベントが必要になります。まぁ、無しでもイイんですけど・・・。

ちなみに、エアベントは欠品で生産終了です。
ACの吹き出しのルーバーも欠品で生産終了です。
お任せ下さい、USEDのストックが当社には、まだまだあります。

但し、当社のお客様優先、当社でセンターメーター化施工のお客様にお分けしています。
単体での、エアベントは販売はお断りしております。

gazou_100228_4067.jpggazou_100228_4069.jpg

各部配管、配線を終え、作動確認。問題ありません。OKです。

中敷きを敷き、目隠しし、センターメーターパネルを取り付けます。

ステアリングシャフトのウィンカーレバーを新品に交換し、
コラムカバーを取付て、メーター回りはほぼ完成です。

gazou_100228_4084.jpggazou_100228_4090.jpg

センターメーターを取り付けの際に上側のクラッシュパットを外す為、
剥き出しになった部分を付属のレザー等で覆い、完成です。
(センターメーターキットの中にレザー、灰皿等も含まれております)

如何でしょうか?メーター周りが一新しました。
ノーマルの状態からココまで変わりました。

車内右に垂れている配線はオーディオ用で、今後の取り付けの為に残してあります。

各ペダルも新品ゴムペダルを取付て、あら綺麗!

gazou_100228_4092.jpggazou_100228_4089.jpg

最後に、各部調整を行います。点火系点検、点火系はポイント、コンデンサー交換、
キャブの調整と合わせ、点火時期の調整、プラグの焼けを見て調整致します。
各気筒圧縮点検・・・、ベストコンディションとは言いませんが、特に問題ありません。

車高調整をし、アライメント(サイドスリップ)を取り直して完成です。

また、バッテリーアースの腐食で、錆を落とし錆止めを施して綺麗にし、
アース不良をなくし、オルタネーターの発電量点検、電気系を全て作動させて、
電圧のドロップを点検。OKです。

大変お待たせ致しました。

大概、ACを取り外した後、ご自分のミニを運転されると驚かれます。
鼻先で、コレだけの重量物を取り外すんですから、言わずもがな。
一番安上がりなチューニング!コレ本当!

ですが、せっかく付いている物を「外す」なんて、
普通の人には理解して頂けないバカな行為です(笑)。
興味無い方からしてみれば、ナンダそりゃ!バカじゃん!の一言でお終い。
基本的にAC取り外しは、お勧めはしておりません(笑)。

女子には間違いなく不評です。その辺よ~く考えて頂きたく思います。

まぁ、それはそれとして、今回は大がかりに整備交換していますが、
考えてもみて下さい。もう二十年落ちなんですよ!リフレッシュだと思って下さい。
ミニは基本的に丈夫です。これから先、まだまだ乗ろうと思っていたら、
この様なリフレッシュを是非に検討して下さい。

余談ですが、
左ハンドルのミニを、「右ハンドルに変えたいなぁ」と思っている方、
今回の様に、比較的簡単に右ハンドルに変更が出来ます。

ですが、その際にステアリングシャフトやステアリングラックは重要部品となり、
本来、改造申請が必要となります。
しかし、実際のところ車検証には右、左ハンドルの記載は無く、
ミニの場合、どちらのハンドルに変えても分かりません。
左右のハンドル位置を変更してもそのまま車検は通ります・・・が、
安全上、シッカリとした整備交換を行って頂く事が前提のお話でした。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Comment




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。