FC2ブログ

Thu 2010-03-18

そんな、Dead Can Danceが流れるシーンに息を呑みます・・って事でご紹介。

gazou_100206_001.jpg

ミスト The Mist 2007年のアメリカ映画です。
濃い霧「ミスト」に突然包み込まれた、田舎町を舞台にしたホラー?です。

フランク・ダラボン監督・脚本によるスティーヴン・キングの小説の長編映画化は、
「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」に続いて三作目。
期待してDVDで観てみたら・・・、とんでもない映画でした(笑)。


化物が動き回る霧の中をスーパーに閉じ込められる人たちのお話なんですが
現実を直視できず「そんなの見間違いだぁぁぁぁ・・」と出て行っちゃう奴とか、
「これは神の試練です・・」と、勝手に戯言言い出すババアの言葉が、
信仰になっていく様が恐ろしい・・・。宗教の始まりが戯画化して描かれます。


劇場予告編で「衝撃のラスト15分」と宣伝されたエンディングは、
原作とは異なるもので、完全に映画オリジナルだそうです。

これは、いわば“結末の無い結末”であった原作のラストを、
キングの了承のうえで差し替えたものだそうで、キングもこの結末を気に入り、
「執筆中にこの結末を思いついていればこのとおりにしたのに」と絶賛したそうです。


私は無神論者って訳ではありません。
盆、暮れ、正月、命日、クリスマス(笑)・・位はご先祖様に線香をあげます。
自分の都合で「神様・仏様」って願うタイプの人間です(笑)。
そんな私が感じた、畏敬の映画・・・ってところでしょうか。

好きか嫌いかに分かれる極端な内容ですが、個人的にはアリな一本だと思います。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。

Comment




管理者にだけ表示を許可する