Tue 2018-01-30

ラバーコーン交換

2018012201.jpg2018012202.jpg
こんにちは。
こちらは先日お客様からご依頼頂き交換したラバーコーンです。
写真左側の4個が交換前のもの、右が新品です。
(この中で特に潰れている2つがフロント側に装着されていたものです)
ここまで劣化しているとサスペンションスプリングとしてまともに機能せず、乗り心地の悪化や他のパーツへ余計な負担が掛かる等様々な弊害が生じることが考えられます。

乗り心地が悪い、車高調整キットの調整代がほとんどない(最低地上高を確保するのがやっと、ということも)とお困りの方へは是非、ラバーコーンを新品に交換することをお勧め致します。

また、今回の作業では車高調整キットも、よりローダウン向きなセッティングが可能ということでお客様よりお持込み頂いたガレージミニ・ミニさんの「コンフォートハイローキットC-Edition」に交換致しました。
新品のラバーコーンとの組合わせでも不自然に車高が上がってしまうこともなく、乗り心地と適度なローダウンとを両立することが出来ました。
最後にお客様に試運転して頂き、大変ご納得頂けたようでなによりです。



Mon 2018-01-29

意外な原因

突然エンジンストールしてしまい、その後スターターも回らず再始動不能という症状の99年式ミニ。
見るとヒューズリンクボックス内の30Aヒューズが切れてしまっています。
症状が出た時の状況を再現する為、一旦新しいヒューズを入れてみたところどうも症状が出る時と出ない時があるようです。
どこかがショートしているのは間違いないと思われるのですが、はたしてそれがどこなのか。
一つ一つチェックしていくしかないので、ECU、メインリレー、各種センサー等を点検するとともに、配線を束ねているビニールテープをほどいて中の状態を確認していきますが、特に被覆が破れている等の異常は見当たらず。
室内側もイグニッションスイッチ、メーターカウルやトリムの裏等を調べるも、こちらも異常なしです。
再びエンジンルーム側に移動し、先程チェックした箇所以外の配線を調べていてようやく怪しいところを発見。
O2センサーリレーのソケット付近の配線に焦げているところがありました。ボディ側に擦れたような跡も。
早速配線を直してエンジン始動。しばらく様子をみて止まらないようなのでテスト走行に。
ストールや再始動出来ない等の症状もみられず、やはりここが原因だったようです。
リレーの取付ベース部分が曲がっていた為、配線がボディ側に押付けられ振動で擦れて被覆が摩耗、芯線がわずかに露出してしまいショートしたのでしょう。
今回は意外なところが原因でした。
2018012702.jpg

Mon 2018-01-22

キックダウンコントロール

2018012005.jpg2018012004.jpg
こちらの部品(上の写真)
ミニのA/T車に付いているキックダウンのコントロールレバー(新車時のものかは不明ですが、純正品)なんですが
中心のシャフト部分からオイル漏れしていました。
(この部品がオイル漏れの原因の一つになっていることが多いです)
ボディ両端の穴のところも割れてしまっています。
樹脂製ボディでボルト座面の部分にも特にスリーブ等が入っているわけでもない為
経年劣化で割れるのも無理はないかなという感じ。
シール部分も頼りなく、耐久性は元々あまり期待できなそうな部品ではあります。


今回、純正品は前述の通り耐久性に不安があるのと、私が調べたところ生産終了になってしまっているようなので
下の写真の三和トレーディングさんオリジナルの強化品に交換しました。
元々ついていた純正品と比べ、金属製ボディにオイルシールもきちんと内外両側に装着され、かなりしっかりしたつくり。
これなら安心です。
2018012001.jpg2018012003.jpg
2018012002.jpg

Mon 2018-01-22

2018012204.jpg2018012203.jpg
皆様、こんにちは。
本日は予報のとおり当社が所在する藤岡市でも昼過ぎから雪が降ってきました。
展示車の上にも早速積もり始めています。

雪は明日には止むみたいですが
今週はぐっと冷え込むとの予報。路面の凍結が心配です。
風邪やインフルエンザも流行っているようですから、皆様もくれぐれもご自愛ください。

Sun 2018-01-14

ドライブシャフト

DSC_0029(2).jpg DSC_0022(2).jpg
こちらは昨年車検整備でお預かりさせて頂いたお車。
デフのオイルシールよりオイル滲みが有ったので、シール交換の為にとりあえずドライブシャフトを外したのですが、
ハブベアリング周辺がどうやらかなり錆びてしまっている様子。
DSC_0026(2).jpg DSC_0031(2).jpg
DSC_0030(2).jpg DSC_0028(2).jpg
ハブからドライブシャフトを抜く際、内側のシールとハブベアリングもくっついて一緒に出てきてしまいました。
グリスも錆が混ざりまっ茶色。
とりあえずプーラーでベアリングを引き抜いて軽く洗って錆を落としてみたところ、くっきりとベアリングの跡があり、
指で触ってみても明らかな段がついていて、所々クレーター状に。
流石にこれでは磨いて再利用というわけにはいかないので、お客様に了解を得て交換することになりました。
DSC_0037(2).jpg DSC_0035(2).jpg
ドライブシャフトのアウタージョイントは新品に交換。
ブーツは現状切れてはいないものの、へたっているものを再利用するとすぐに切れてしまうことが多いので国産品に交換。
DSC_0033(2).jpg
ハブ本体は綺麗に洗浄後、アウターレースを打ち換え、新品のベアリングにグリスを充填。
ボールジョイントにも若干がたがあったので分解してシム調整。
デフのシールを交換し、全て元通り組付けて今回の作業は終了です。

Fri 2018-01-12

車高が・・・

先日(というか大分前なのですが)お客様よりフロントの片側だけ車高が極端に下がってしまったとの連絡を受け引取りに伺い、
ジャッキアップしてタイヤを外してみたところ、大体予想はしていたのですが、やはりナックルジョイントのピン部分が腐って折れていました。
DSC_0017(2).jpg
ダストブーツをめくって外してみると中は錆だらけで、ボール部分が嵌まっている樹脂パーツも突き破ってしまい、アッパーアームの溝もかなり削れてしまっていました。
DSC_0019(2).jpg
DSC_0018(2).jpg
幸い、上部の車高調整キットの方は無時だった為、表面の錆や汚れを落としてナックルジョイントを新品に交換。
アッパーアームはお客様と相談し、中古品に交換することにしました。
DSC_0020(2).jpg
アッパーアームはシャフトとベアリングの状態を確認してグリスを新しいものに換え、両端のシールリングを新品に交換。
中古品の為機能的には問題ないものの、やや表面の錆が目立つので黒い塗装を施し、組付けて完成。
車高は全体のバランスを見ながら調整し、納車致しました。

Fri 2018-01-12

納車整備

今回は昨年11月頃納車させて頂いたお車の整備の模様を一部ご紹介させて頂きます。
DSC07104(5).jpg
DSC_0513(5).jpg
DSC_0512(5).jpg
DSC_0511(5)
DSC07101(5).jpg

当店では、お客様にご納得頂けるよう細部まで点検・整備を行い、納車しております。

Fri 2018-01-12

ご挨拶

明けましておめでとうございます。
新年のご挨拶が遅くなってしまいまして、申し訳ございません。

旧年中は格別のご愛顧を賜りまして、誠にありがとうございます。

本年もスタッフ一同、お客様により一層ご満足頂けるサービスを心掛けて参りますので、
何卒よろしくお願い致します。