-- --------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sun 2011-07-17

祝!納車 ボディ鈑金ペイント編

毎度の常連様の「S」様、
その「S」様のお兄様「T」様にご成約頂いたカントリーマンです。

納車後の慣らしと初回点検も終え、
今現在、いわき市で調子良くお乗り頂いております。

納車してから大分時間経ってしまって今頃ご紹介、
こちらもボリューム満点連載です。

まずはボディレストア編から。

gazou_0613_1058.jpggazou_0613_1062_20110715141513.jpg

ご成約頂いたカントリーマン、元はMK2です。

お買い上げ頂いて、こんなモノ言いは失礼かと思いますが、
チョッとココでは見せられない位の腐り様・・・(笑)。
「S」様におかれましては現車確認の上お買い上げで、
ご本人承知の上で申し上げております。

gazou_0613_1066.jpggazou_0613_1067.jpg

まぁまぁ見れるような写真の撮り方なんで、
そんなに酷いの?って思う方いると思いますが、凄いんです(笑)。

前オーナー様の愛情や管理一つで、数年で朽ちました・・。
まだこのカントリーマンが綺麗だったころ知っているので何とも言えません。

gazou_0613_1010.jpggazou_0613_1009_20110715141510.jpg

さてさて、作業開始。

まずは腐れた木枠えお剥がしていきます。

・・・意外や意外、ドアやルーフ、木枠の下、
クォーターのスライドガラスレール、そんなに腐っておりません。
ただ、床が無いけど(笑)。

ガラスや何やら外せるものは全て外していきます。

gazou_0613_1085.jpggazou_0613_1092.jpg

エンジン降ろして・・・、ヘドロ(笑)。

スチームかけて環境破壊虹色廃液・・・世間様申し訳御座いません。
誤解なき様、汚水マスちゃんとあります。

gazou_0613_1097.jpggazou_0613_1103.jpg

エンジンルームもスチーム遠慮無しにバンバンかけます。

足回り他、長年の汚れはチョッとやそっとじゃ落ちません。
お湯の温度上げて、小一時間ほど格闘しました。

gazou_0613_1051.jpggazou_0613_1053.jpg

必要なボディパーツひろい出しオーダーします。

フロアパネル一式、サイドシル、シールパネル、
ドアステップパネル他諸々、新品木枠と、
部品が揃い始めま、並べてパチリ。

gazou_0613_1019.jpggazou_0613_1021.jpg

ガラのボディとパーツを持って鈑金屋さんに入れ、
打ち合わせ後、治具用意し作業開始。

治具にボディを固定し、腐った部分を切り落とします。

ナンだかよく判らないでしょうけど(笑)、
MK2のボンネットなので、MK1にする為、つばを切り落とします。

gazou_0613_1048.jpggazou_0613_1035.jpg

写真で見てるとアレですが、もの凄い作業なんです。

フロアは腐れたところ切り落とし、
オリジナルの残ったパネル接合面で、
合わせながら新しいフロアパネルを溶接してます。

gazou_0613_1229.jpggazou_0613_1451.jpg

インナーパネル、サイドシルも溶接し、
大掛かりなパネル交換は終了、錆防止を施します。

gazou_0613_1238.jpggazou_0613_1243.jpg

ココからは治具を外し、パネルの錆びとり、
凹み取りを進めていき、古いパテを落とし、
パテで整形していきます。

こちらも防錆処理を施します。

gazou_0613_1248.jpggazou_0613_1249.jpg

足付けしサフェーサーを吹き、研ぎ、
・・・を繰り返し、室内側は完成。

ドアパネル、リアゲートドア、ボンネット等も整形していきます。

gazou_0613_1251.jpggazou_0613_1255.jpg

ボディ全体、仕上げにかかります。

こちらも錆びとり下地作り、
防錆処理施して、シーラーを入れさ、
サフェーサーを吹きます。

gazou_0613_1291.jpggazou_0613_1293.jpg

調色を終え、ペイントします。

色はオールドイングリッシュホワイトで吹きます。

gazou_0613_1288.jpggazou_0613_1287.jpg

ボディ周り吹き終わり、ブースから出し、
ドアやリアゲートを車体に取り付けます。

gazou_0613_1294.jpggazou_0613_1146.jpg

乾燥させ研ぎ終え完成です。

当店の作業場にボディを運び込みます。

どうですか?

一番上の画像のクルマが、コレですよ・・頑張りました。
正直、もうこの値段でのオーダーは勘弁してってのが本音の一台。

ご予算に応じて、新品ボディシェルのご用意から、
フルレストア、プチレストア?錆取りリペイントメニューをご用意しております。

次回、車体組み付け、木枠取り付け編に続きます。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。