-- --------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wed 2010-11-10

「情熱大陸からやってきた天下太平への刺客」 ぁぁ腹痛ぃ・・

ここ数年で増殖中のワル系、お水系ファッション誌。

最近、私の中でキテます。
素晴らしい世界観とメーター振り切れ度MAXな痛快感。

そんな魅力を皆様にご紹介、
なかでもパンチ効いてる数冊をピックアップしてご紹介致します。

まず「ソウルジャパン」。
「悪羅悪羅(オラオラ)」なる造語を生み出し、
極悪なファッションに身を包んだ、危なげな方々が誌面を飾っております。

誌面に躍るキャッチコピーが、キレてます。本当にキレがイイ。
私も是非、勉強させて頂きたく思います。

たとえば、ストリートスナップページでは、
「悪羅(オラ)の隣には常に闇がつきまとう」
「キングたちのコラボが生み出す最凶シナジー」

てな具合。スンバらしぃ!

ほかにも
「イカつさこそ俺のモチベーション」
「キレイ目に見せても隠せない悪羅(オラ)の魂」
などなど、超イカしたコピーがそこかしこに満載!

そして「悪羅(オラ)の三種の神器」として紹介されていた小物、
驚愕のアイテムでした。
それは、セカンドバッグ、数珠、インテリ眼鏡・・・・。
ん~、それって、モロにその筋の方ルックじゃないのでしょうか?
ですが、「悪羅(オラ)のライフスタイル」コーナー(笑)で、
よく読む雑誌1位が実話系雑誌なんで、妙に納得で御座います。

また、ヘアスタイルページでは、
なんと「古さを感じさせない洗練されたパンチパーマ」とのコピー、
堂々たるパンチパーマ・・・ドコがどう普通のパンチと違うか分かりません。

世間と一線を画した、その姿勢・・・ゴイスーです。


続いて、アメリカのワルにスポットを当てているのが「411(フォー・ダブワン)」。
表紙を飾るのはたいてい黒人で、わかりやすく言うならば本場B-BOYをリスペクトする、
日本人による日本人向けのブラック系雑誌メ~ン(笑)。

ファッションページのコピーでは、
「HIPHOP創生から続く正統派の遺伝子を継承」
「サグなデコラ感がワイルドさをアピる」
・・・といった、独自の造語センスがナイスだぜメ~ン。

そんな中にも「出会いの季節攻略」なんて企画もあり(笑)、
「ゲトれる」なんて、ファンキーな言い回しがファニー。

決して、ディスっている訳では御座いません。


そして、真打ち「メンズナックル」。
「伊達ワル」という造語で、現代の不良たちの熱視線一人占めな、
アウトローお兄系雑誌(笑)。

そのキャッチコピーの振り切れ度は、ワル系雑誌最高の破壊力。
いずれもファッションページのコピーなのに、
「つべこべ言うな!!俺が黒い彗星になる」
「どうもこうもねぇよ。ジャージ革命完了だ」
「凡夫ども見ろ、ブラカジ極めたオレのお通りだ」
・・・など、オレ様テイスト満点、
ん?誰としゃべってんの・・的な語りかけに痺れっぱなし。

また「情熱大陸からやってきた天下太平への刺客」
「ガイアが俺にもっと輝けと囁いている」
・・・などなど、突き抜けたナルシズムがワールドワイドなのも脱帽。

そんな彼らも、大変なんです。
常に敵と対峙し、しかも身近なモノから毎日バトル。
スカルアイテムを身に着ければ「喰うか喰われるか、これはスカルと俺の闘い」
レザージャケットをまとえば「喰うか喰われるか、カラーレザーと俺の闘い」
伊達ワルな皆様は心休まる暇なく、喰うか喰われるかの死線をくぐっております。
御苦労様で御座います。

ですが、真骨頂は天上天下唯我独尊クラスのありがたいお言葉たち。
完璧日本人でも「ロンドンのバックストリートを牛耳るべき器」と主張し、
「この世界で最も獰猛な獣は俺だろ?」なんて問いかけてきたかと思えば、
「破壊も再生も全部、俺たちが引き受けた!」とは何とも頼もしいお言葉。

挙句の果ては「溢れ出た煌めきがお前を絶対奴隷にする」と大胆宣言。

是非にアナタ様のお力で世界平和実現して頂ければ幸いで御座います。


続きましては、キャバ嬢をモデルに起用した「小悪魔ageha」も痺れますが、
「men`s egg」「ホストナックル」「メンズスパイダー」等々、
ホスト様をモデルに起用したファッション誌も強烈で御座います。
ホスト系雑誌だけあり、フェラーリやベンツを紹介する愛車自慢やら、
シャンパンコールの実演講座(笑)やら、頭痛くなります。

カリスマホスト様達のお部屋紹介も人気企画のようで、
彼らのゴージャスかつラグジーな暮らしっぷりを拝見出来ます。
しかし、なぜか登場するホスト様は、
皆様、ベッドに横たわりパンツ一枚で裸体を披露(笑)。
「俺はシンプルな生き方しか知らない、だからここに棲んでいる」
「見届けてくれ、この部屋には俺の生き様が染みついているから」
・・・なんて香ばしいコピーも添えてあり、俺様イズム満開で御座います。

「神に刃向う堕天使のようにラフで悪戯な装いを」
「月夜に輝く海の碧を纏うのは、夜帝の末裔か」
・・・は、まるで貴族が詠むポエムの如し。

かと思えば一転、
「黒蛇のポイズンは甘美だが危険なんだぜ」
「このモテぶりは、法律で禁じるべきだぜ」
「オレの1秒は、お前の1年分の価値がある」
「最も優秀な霊長類の子孫が欲しんだろ?」
・・・など、徹底したオレ様崇拝ナル模様。

「日記はやめた、モテ自慢ばかりになっちまうから」
「救急車通ったろ? 俺に失神した女が乗ってるよ」
「毎朝鏡の前で思う、オレは完璧すぎると」
「この美貌は核にも匹敵する強力な兵器だぜ」
・・・・・・と言い出すブッ飛びぶり(笑)、もはや神の領域。

凡人には理解不能ですが、ファッションだ、ナンとかだ・・・という、
次元を超越してらっしゃるご様子で、ありがたい世界に誘ってくれます。

この世知辛い世の中、アナザーワールド垣間見てしばし現実逃避で御座います。

皆様、是非この様なコピーを参考にし、普段の生活に取り入れましょう。
きっと世界が開けます!


ソレはさておき、本当に素晴らしい世界観とキャッチコピー達、
エロ本より、こっそりとコンビニで欠かさず立ち読みしております(笑)。
私、この様な「ワル系お水系」やらなにやら「チャンプロード」から「オプション」
「nonnon」「anan」、はては「柔肌 三十路妻」まで、日々、アンテナ張り巡らし、
新しいアイディアの収集で、ミニのムーブメントを模索しております(笑)。

アイディアは常にあるんですが、誰も実施して頂けません。
誰も聞く耳もって頂けません。誠に残念です。

まぁ、この「ワル系」とミニのカスタムがどう結びつくは私も分かりませんが・・・、
インスパイアされまくりの痺れまくりで御座います。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。
スポンサーサイト

Wed 2010-11-10

似合わないわけありません。

当店のご近所にお住まいの、「I」様のモーリスミニマイナー改です。

週末の相棒で、納車以来大きなトラブルも無く早一年近く、
今回、オイル交換含め、軽いメンテナンスのご依頼と、
復刻クーパーSスチールホイールのお買い上げ、有難う御座います。

タイヤを用意し、ホイールに組み込んで、
ご来店予定日に合わせご用意します。

gazou_101006_2003.jpggazou_101006_2004.jpg

んで、来店当日、
この様にご予定がハッキリしご予約なんて形だと、
お待たせする事も少なく、サクサク作業進められます。

gazou_101006_2010.jpggazou_101006_2020.jpg

早速、リフトに上げて、オイルを抜いて、下回り点検。

アンダーガード外して洗浄、エレメントも交換します。

gazou_101006_2024.jpggazou_101006_2027.jpg

タペットカバーからのオイル滲みで、パッキン交換。

点火系点検、水回り点検、
ブレーキ、クラッチフルード漏れ点検。

gazou_101006_2005.jpggazou_101006_2000.jpg

ステディロッドブッシュのリブのところがひび割れ、
エンジンの揺すってもそんなに動かないんですけど、
気分の問題で交換のご依頼(笑)。

ミニスペアーズ製のブッシュを使用します。
ま、抜いてみたらへたっているので、
ちょうど交換タイミングつう事で。

gazou_101006_2002.jpggazou_101006_2001.jpg

復刻のスチールSホイール 3.5J×10inc
O・E・Wがフィエスタイエローのボディに映え萌え。

タイヤもダンロップSP10新品履かせ、ご用意済。
定番中の定番、似合わないわけありません。

装着を終え試乗に、OKです。
お待たせしました。

また、お時間都合付けば、ツーリングに行きましょう。
またのご来店をお待ちしております。


余談ですが、ココまで大よそ作業時間は小一時間ほど、
やはりご来店を予めご予約頂いていると、
よほどのイレギュラーな不具合や追加がなければ、
お待ち頂く時間も少なくなります。

お預かり、代車含めて、せめてお電話にて事前にご連絡頂ければと思います、
当然、私共もご来店に合わせて、諸々ご用意し段取りしてお待ちしております。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。