Fri 2010-09-17

ADO16乗りなら、避けては通れぬハイドロ漏れ

こちらも毎度の、高崎にお住まいの「S」様のバンプラです。

ADO16乗りなら、避けては通れぬハイドロ漏れ、
とうとう来ました(笑)。

お電話頂き、引き上げの算段をし、万が一、ペッタンコなんて事もあるので、
二人体制、簡易ジャッキ、ハイドロポンプもって、積載車で出動、
「S」様のお宅に到着すると、バンプラが傾いでおりました。
ADO16乗りの私としては、見なれた姿勢で御座います(笑)。

早めにご連絡頂いたので、
まだ、タイヤにタイヤハウスが乗ってません、ラッキー!動かせます。

ボンネット開けて確認すると、フロント右ハイドロから液漏れ、
・・・やっぱりカシメから液漏れしています。
ハイドロポンプつないで、圧かけて、取り急ぎ積載車に積んじゃいます。

それではお預かりしていきます。

gazou_100804_5001.jpggazou_100804_5007.jpg

積載車から降ろして、ペッタンコになる前にウマかけます。

以前にもお話しましたが、「S」様部品取りでバンプラお持ちで、
そちらからハイドロ抜いて合体の予定。

・・・一週間、二週間たっても、
「S」様、ハイドロをお持ちになりません・・。
お電話してみると、チャレンジしたんですが暑くて外すのが大変・・と(笑)、
分かります・・・。炎天下の中の作業は今年は厳しいでしょう。

そんなこんなで、どっかの解体業者から、
ハイドロをお買い上げになりました(笑)。
無事部品揃ったので、作業開始です。

gazou_100804_5002.jpggazou_100804_5013.jpg

ホースのカシメからの液漏れ、
殆どの場合、コレと同じ症状でしょう。

さて、アッパーアーム外し交換致します。

出来れば、この際にナックルジョイント等交換して貰えればと思います。

gazou_100804_5011.jpggazou_100804_5000.jpg

交換完了し、ハイドロポンプで圧をかけ、エア抜き、を繰り返し、
地面に下ろします。大丈夫です。

中古の程度悪いハイドロつかまされると、この時点でまた液漏れ、
私、経験あり、二度手間イライラで御座います(笑)。

車高調整し、放置プレイの憂き目だったので洗車し完成です。
お待たせしました。

ADO16のハイドロ自体、新品部品はありませんし、
中古品の流通もあまりありません。悩みどころです。
ですが、リペアして出来ない事ありませんし、
お時間、費用みて頂ければ、リペアして貰える業者様もおります。
お悩みの方、一度ご相談下さい。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。