-- --------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tue 2010-03-30

左から右から 何かが来てる~♪

深谷にお住まいの「S」様のミニ1000です。

慌てた様子でご来店、ナニがどうしたって事でお話伺うと、
ステアリングシャフトが舐めかかっており大変危険な状態でした。

「S」様と打ち合わせ上、足回りのガタを修理とあわせ、
左ハンドルから右ハンドルへのコンバート。

「S」様曰く、ダメなところは、ついでに全部やっちゃって下さいとの事(笑)。

しかも、これから暑くなるというのに「ジャマだからクーラーとって・・・」と(笑)。

承知致しました。

大がかりになりますが、一気に作業致します。スカッと恰好ヨクしましょう。

gazou_100228_4003.jpggazou_100228_4004.jpg

そんな訳で、作業開始。

まずはクーラーユニットの取り外しから。

いらないモノをバンバン外していきます。

gazou_100228_4009.jpggazou_100228_4008.jpg

AC取り外しに伴い、ガスを回収して、
配管や補記類を外していきます。

別メニューの作業もあるので、そちらも合わせ段取り良く同時進行で。

確かにクーラーを外すとエンジンルームはサッパリします。
整備もやりやすくなるので、私共からすると非常に楽なんですけど(笑)。

クーラーを外したところ、いろんな配線がゴチャゴチャになってます。
その辺もあわせて作業進めていきます。

gazou_100228_4010.jpggazou_100228_4012.jpg

ACベルトは要らなくなるので外し、FANベルトもプーリーが変わるので交換。
オルタネーターを外し、ACのコンプレッサー、コンデンサー、配管を取り外していきます。

ブロックのステーを替えてオルタネータープーリーを替えて、
アジャストプレートを替えて、AC無し用のベルトを張ります。

エンジンルーム側さっぱりしたでしょう?
ある意味、コレが本来の姿です。

gazou_100228_4013.jpggazou_100228_4011.jpg

ステアリングコンバートの為、車内側もバンバン外し始めます。

取り外した、ACユニット一式。
コンプレッサー、コンデンサー、ブロアモーター他結構な重量です。

gazou_100228_4022.jpggazou_100228_4017.jpg

今回の肝、ステアリングラック。
かなり危険な状態でした。

だって、ステアリング切って1/4回転位、ズルって空転して舐めてんですよ!
よく自走でご来店しました(笑)。

当初はラック交換のみの予定だったんですが、
左ハンドル用ステアリングラック、超高価!ビックリ値段です。
そんな訳で左→右コンバートとあいなりました。

gazou_100228_4016.jpggazou_100228_4015.jpg

取り外したラックASSYです。
案の定、シャフトの刺さるスプラインは舐め舐めで、ガタも酷いモンでした。
ラック交換自体は、小一時間ほどかかります。

ステアリングシャフトを外し、ボディとフロントサブフレームのマウントを外し、
ボディとフレームに隙間をつくり、其処から交換致します。
簡単に書いていますが、手間の作業です。

各部ジョイント、各ブッシュ、各ベアリング等、摺動部のガタをほおっておくと、
大きいトラブルを招きます。早めの点検と整備が肝心です。

gazou_100228_4019.jpggazou_100228_4018.jpg

さて、同時進行で、各部修理を行って行きます。
まずは、ミニのオイル漏れ定番の一つ、デフサイドシール交換です。

ドライブシャフトとデフのサイド部にCVジョイントがあり、
このデフ部分にシールが付いています。
デフサイドシールが、へたってくるとオイルが漏れ出します。

フロント、リアのハブベアリングの点検を行います。
フロントは右側ボールジョイントがた調整、
ハブベアリング洗浄、グリス詰め替えて、ハブシールを交換。
リアもベアリング洗浄、グリス詰め替えて、ハブシールを交換致します。

ブーツ類も点検交換致します。

gazou_100228_4020.jpggazou_100228_4021.jpg

各ブッシュ、マウントを点検致します。

テンションロッドブッシュ交換、ロアアームブッシュ交換、
それぞれ強化タイプのミニスペアーズ製を使用します。

ブッシュが痛んだまま走行を続けると、
アライメントが狂ったり、テンションロッドが曲がったりします。
定期的な点検、交換を実施して下さい。

gazou_100228_4005.jpggazou_100228_4006.jpg

続いて、ステディロッドブッシュ、アッパーとロアーそれぞれ交換致します。

アッパーのステディロッドブッシュはぐらぐらで、
念の為、ブラケットのクラック点検、アース線点検も同時に行います。

早目の交換を実施して下さい。確実に車の寿命が伸びます。

gazou_100228_4025.jpggazou_100228_4041.jpg

ブレーキまわりはマスターへのリンケージ取り外し、
クラッチマスター移設、ワイパーモーターの移設を行います。

ラインヒューズの腐食、焦げの修理をし、
エンジンルーム側の配線を整理します。
電気系のトラブルが起きても、配線がキチンとしていれば、
原因も早めにわかるようになります。

さてさて、まだまだ続きます。次回第二弾です。 

チャラチャッチャッチャラッチャー♪
右から 右から 何かが来てる~♪ 僕は それを 左へ受け流す~

いきなりやってきた~ 右からやってきた~  
ふいにやってきた~ 右からやってきた~

僕は~ それを左へ受け流す~♪

ドコに往っちゃったのムーディ勝山・・・、個人的に崇拝してました(笑)。

そんな持ちネタ?歌?を口ずさみながら作業を進めていた一台です。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。