Sun 2010-01-24

山猫レーシング エンジン組み立て編その2

山猫レーシング エンジン編です。

車体搭載編に進むかと思いきや・・・、
コチラも昨年末の作業の様子です。

なかなか先に進まず、申し訳御座いません(笑)。

gazou_091221_1005.jpggazou_091221_1017.jpg

ヘッドもピストンも上がり、
いよいよ本組み始めます。

gazou_091221_1008.jpggazou_091221_1000.jpg

ガスケット、パッキン、シール類を組み付け、
ブロックとミッションが合体しました。

一応、ココで記念撮影(笑)。

gazou_091221_1023.jpggazou_091221_1002.jpg

大分、端折っておりますが、ヘッドも乗りました。

いよいよ、東南アジア風エンジンを塗ります。

脱脂してマスキングして、何色にするんでしょう・・。

gazou_100105_0001.jpggazou_100105_0002.jpg

あれ!

まともな色のエンジンになっていました(笑)。

gazou_100105_0003.jpggazou_100105_0004.jpg

いつの間にか、ホイールも塗り上がっていました・・。

青空ペイントの割には・・、結構綺麗じゃん!
山猫の皆様のペイント技術を見くびっておりました。

ですが、早一月も終わりそうです・・。
真面目な話、いい加減・・車体にエンジン搭載しましょう(笑)。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Sun 2010-01-24

三種の神器?

ミニ1000までは、コンタクトポイントを使用したデスビを使っています。

デスビのシャフトの凸凹で、開閉する機械式接点(コンタクトポイント)を使い、
点火コイルから流れてきた電気を開け閉めでアースをして、
それぞれのプラグに電気を流します。

このような古い構造の為、温度や水(雨、湿気)に弱く、
メンテナンスがかかせません。

調整や消耗品交換が必要になります。

ポイントのギャップのクリアランス、接点の状態、
コンデンサーの状態如何で調子を左右しトラブルを招きます。

gazou_1015039.jpg

45・59Dのローターアーム、コンデンサー、ポイントです。

消耗品ですから定期的に点検、調整、交換が必要です。
乗りっぱなしでは必ずトラブルを起こします。

出先でのもしもに備えて、スペアーに1セット車載しましょう。

各種純正、社外コイル、社外デスビASSY、
23D、25D、45、59D、65D各デスビキャップ、ローター、コンデンサー、ポイント、
消耗品在庫しております。デュセリア用も僅少ですが在庫あります。
また、セミトラ、フルトラ、同時点火もご相談下さい。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。