Sat 2009-10-31

さて、大丈夫なのか?

先だってご紹介した、私のオースチンエステートのその後です。

gazou_091019_120260.jpggazou_091019_12010.jpg

まずは、普通にセルでかかるように、バッテリー交換(笑)。

現状の調子を見ます・・・・。芳しくないんだ、コレがまた・・。

gazou_091019_12011.jpggazou_091019_12013.jpg

以前、私が調整したタペットクリアランスの再調整。
若干、詰め気味でした・・・。

まぁまぁ、合格点ですが、
まだイマイチ調子が出ません。

gazou_091019_12014.jpggazou_091019_12023.jpg

そんな訳で、点火系。
まずはデスビのポイント、コンデンサー交換。

点火タイミングを取り直し、エンジン始動。うおぉぉぉぉ!
余計に調子悪くなって・・・しまった・・・(悲)。弄り壊しか?

大幅に点火タイミングが狂っています・・・。何故?

・・・・原因がわかりました。

クランクプーリーのマーカー自体が合っていない・・何でだ・・?
参った・・・。

以前ばらした時かも・・・。

それで点火タイミングを調整した際に、
もともと若干狂ってるところに、タイミングマーカーを信じて調整し直して、
大幅に狂わせてしまったようです・・。

それに気付かず、なんかイマイチ調子が出ない・・・と思い、
ガスが薄いんじゃないか・・と間違った判断をし、
ミクスチャーを濃くして乗れる状態にし・・・、泥沼に落ちていました(笑)。

上死点を出して、新たにマーキングし直し、
点火タイミングを取り直します。ふぅ~、ひとまず完了です。

gazou_091019_12025.jpggazou_091019_12030.jpg

続いて、キャブを取り外しばらします。清掃調整し、同調を取り直します。
フロート、ジェット、ニードルを点検、洗浄し組み付けます。

エアー吸いの原因、マニガスケット、インシュレーターガスケット交換します。

ほったらかしだったから、動きが渋いうえ、めちゃめちゃ汚い。
皆様に、普段偉そうに講釈ぶっている割にコレです(笑)。皆様申し訳御座いません。

gazou_091019_12034.jpggazou_091019_12000.jpg

初期状態に戻し、左右同調をとります。

バキュームゲージを使い、セッティングを出し、
最終的に原始的ですが耳で同調をとります。
経験のある人間(私じゃありません・・・)の感覚をバカにしたモンじゃありません。

ミクスチャー調整を行い、アイドリングを調整して完了。

gazou_091019_12008.jpggazou_091019_12001.jpg

しかし、デスビ外したり何だりといろいろやりました・・が、
結果、普段かまってやらないとダメですなぁ・・という結論でした。
車検の際にしっかり面倒見なくちゃ・・・。今年も財布に厳しい冬になりそうです・・・。

ひとまず、乗れるところまで調子を取り戻しました・・・が、浜松行きは大丈夫なのか?・・、
しかも天気もイマイチそうだし・・・。若干不安が残ります(笑)。

ここまでやって別のクルマで行く・・・って、パターンが濃厚な予感です(笑)。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。

Sat 2009-10-31

お休みのお知らせ。

いよいよ明日、「17th JAPAN MINI DAY」です。
静岡県の交通教育センター レインボー浜名湖にて開催されます。

今年はミニ生誕50周年の記念にあたり、盛大に開催が予定されております。

弊社オーナーはじめ、当社お客様と参加します。
浜名湖のミニデイの行くのは今回初めてです。

勿論、私も行きます。
今回、私は自分のクルマで行く予定です・・・大丈夫なのか?

そんな訳で、明日早いので本日早仕舞い致します。申し訳ありません。

明日、11月1日はお休みです。

ご迷惑をお掛けしますが、またのご来店、お問い合わせをお待ちしております。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。

Fri 2009-10-30

ヒーターコアから水漏れしてませんか?

最近、朝夕はめっきり冷えてきました。

ぼちぼちヒーターを使い始めるお客様もいるんじゃないのでしょうか?

先日ご来店頂いた、お客様のミニ1300injなんですが、
ヒーターを使おうとして、ヒーターコックを引いて暫らくしたら、
車内が甘い匂いがして、ガラスが変な感じで曇る・・・と(笑)。

ヒーターコアからのクーラント漏れです。

ヒーターユニットに手をあてると濡れています。
お預かりして、修理開始です。

gazou_0216_005.jpggazou_0216_006.jpg

足元中央、シフトの前にぶら下ってるのがヒーターユニットです。

助手席側を覆ってるACカバーを外し、ヒーターユニットを取り外します。

スイッチ、切り替えレバーの付いたパネルの裏側左右に付いてるビス2本、
ユニット裏側左右に出てるシャフトを上から載せる形で引っ掛けてあります。
ダクトをそれぞれ外し、クーラントのホース2本外し、ユニットを引き出します。

gazou_0216_002.jpggazou_0216_003.jpg

引き抜いたヒーターコアです。

原因は配管のOリングです。
コレが痩せてしまい水漏れを起こしていました。

gazou_0216_007.jpggazou_0216_001.jpg

Oリングを交換し、元に組みなおして完成です。
早めに不具合に気付けば、Oリング交換で簡単に治る場合があります。
この程度の修理でしたら安価に治ります。

「どうにか治んないかなぁ・・」なんて考えで、
安価な水漏れ防止剤やしょっぱい添加剤なんかを入れたりしていると、
水垢や腐食でヒーターコア本体がダメになる場合があります。

安くて良い物なんて、そんな都合のイイ商品なかなか在りませんから・・・。
添加剤もキチンとした物はそれなりのお値段で御座います(笑)。

交換するなり、リペアするなりして、
きちんと治した方が長く乗るなら一番安上がりです。
コレ本当!

車内の水漏れ、匂い、曇り等気になる方、お問い合わせお待ちしております。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。

Thu 2009-10-29

Real Life Secondhand Daylight

 gazou_091021_0.jpg

Real Life 1978y

ポスト・パンク世代に大きな影響を与えたBuzzcocks。
そのヴォーカリストだったハワード・デボートが、
1977年に新たに結成したバンドがこの「Magazine」です。

メンバーには、後に「Nick Cave & Bad Seeeds」に参加し、
素晴らしいソロ・ワークもリリースしているバリー・アダムが在籍していました。

ストレート・エッジなパンク・サウンドに飽き足らなくなった彼が次に目指したのは、
パンクのエナジーはそのままに、アート・ロックとさえいえる実験性を注入したサウンドで、
多くのファンの期待に違わぬ優れたモノとなっています。

サウンドの中核を成すのが激しく変化するドラムパターンであり、
奇妙に捻じれたギターサウンドであり、変幻自在なキーボードであり、
それぞれが激しくぶつかり合って生まれるスリリングな革新的サウンドです。

社会的なメッセージ性を含んだ、皮肉に溢れる激しい歌詞と、
ラディカルなヴォーカルは、このバンドサウンドをよりタイトなモノとしています。

パンクの精神を継承しながらも、その攻撃性を外に剥き出すだけではなく、
自我と対峙させることで、独特の世界観を編み出すこととなったMagazine。

そういう“内向的パンク”といった括りでいけば、
やはりJoy DivisionやPILが代表格ということになるんでしょうが、
その着想があまりに早すぎたせいか、当時は評価されませんでした。

特にこの1st「Real Life」は時代を斬り急いだまさにエポック・メイキングな作品です。
このコラムを書いてて、改めて聴き直してるのだけど、やっぱ凄い。
めちゃめちゃカッコいい!個人的に必聴盤として推したい一枚です。悶絶!

gazou_091021_4.jpg

Secondhand Daylight 1979y

私がまだ十代、Magazineを聞き出したのは、この2枚目からで、
リリースされてから4年後の80年代の事でした。

今聴いても、メチャメチャ変態っぷりでヨイ。大好きです。

このアルバムはハワード・デボート本人が「凝りすぎた」と言っているが、
その大げささが良く、色々なエピソードがあって、未完成のままリリースされた作品とか、
ハワード自らが今作は失敗作と言った・・・等々。

そして、これ程好き嫌いがハッキリと分かれる作品もなかなかありません。
アルバム全体の雰囲気がが、かなりドロドロしていて、
このドロドロ感が人によってはとても心地よく感じたり、
不快に感じたりしているのだろう・・と思います。

Joy Divisionの「Closer」なんかが好きな人には、
この「Secondhand Daylight」はかなりお勧めではないかと思います。

レディオヘッドが影響を受けたと、語ったことで再評価を受けています。
当時、トム・ヨークも聴き込んでいたのでしょうか?

イギリスのユースカルチャームーブメントをご紹介する上で、外せません。
英国車を取り扱いする当店としては、皆さまにチョッと掘り下げて、
私がリアルタイムで感じた、当時の英国の空気を感じて頂ければと思います。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。

Wed 2009-10-28

どうだい、ベイベー!イカすだろ!

只今、鼻血を出しつつ仕上げている一台です。

なんと!九州のお客様からのオーダーです。
何で当店を選んで頂いたのでしょうか・・・わかりません(笑)が、
お買い上げ頂き、まことに有難う御座います。

九州のお客様からのオーダー、確か5、6台目ですか・・、
ウチも全国区になったなぁ・・・なんて(笑)。

そろそろ、ミニ〇リークやミニ〇ラス、カー〇ガジンあたり、
広告料高いけど大々的に広告打っちゃう?
そんでもって儲かっちゃったら、洒落た間接照明のショウルームに小奇麗にミニ並べて、
エンスーな講釈ぶちかまして、ご来店頂いたお客様片っ端から、やっつけちゃう!
最高おおおお!

私がツナギから、ネクタイ着用に変わったら、・・・・あ!儲かってんな・・と思って下さい(笑)。

バカ話はさておいて、遠方からのお客様の場合、
ご来店出来ず現車を確認無しでご成約いただく場合が御座います。
勿論、今回お買い上げ頂いた、福岡の「I」様も同様に現車確認無しでした。

お客様からしてみれば、得体のしれない当店で高額なクルマを買う不安・・・、
たまんないと思います、本当に!そんな手間や心配、距離のハンデをものともせず、
信頼して頂いてのオーダー、感謝の言葉も御座いません。期待に応えます。

gazou_091027_0001.jpg

そんな訳で、コレが・・・・、

gazou_091027_0002.jpg

こうなりました。

ビフォアー・アフターってところでしょうか・・。

詳しい整備状況は、また後日ご紹介します。

如何でしょうか?

えっ!

なに?

サニーじゃねぇよ!この野郎(笑)。


BLクラブマン・エステートです。

まぁ、私的にはどちらも大好物なんですけど・・。

毎度毎度、素敵なクルマに仕上げてしまい、申し訳御座いません。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Wed 2009-10-28

今しばらくお待ち下さい。

オイル下がりとクラッチ滑り、ミッション修理でお預かりの、「K」様のミニです。

ギア抜け等のミッショントラブル起こしており、同時進行で作業進めております。

gazou_0706_9010.jpggazou_0706_9003.jpg

補器類をばらしエンジンを降ろします。

シリンダーヘッドは内燃機屋さん行きで、面研修正、ガイドがた打ち替え予定。

各部洗浄後エンジンを割り始めます。

gazou_0706_9001.jpggazou_0706_9011.jpg

ミッションは・・と言うと、三速から二速へシフトダウンが困難で、
ギア鳴きを起こしており、リバースギアが抜けてしまいました。

シンクロリング磨耗による、割とありがち?なトラブルです。
ギヤ自体は一見して摩耗や歯カケは無いので、
比較的ミッションは手間はかからないと思います。

クラッチはクラッチ板自体だいぶ減っていて寿命なのと、
クラッチハウジングオイルシールからのオイル漏れで滑りを起こしております。

センターメーターで走行不明・・・、
感じ的には10万km~位の走行ってとこでしょうか・・。
まぁ・・お話を伺えば、中古で購入され8年目だそうで、
この機会にリフレッシュだと思って下さい。

クラッチ3点セット、対策シール新品投入です。

gazou_0706_9002.jpggazou_0706_9005.jpg

さてさて、一番酷い状態だったのが、
ドロップギアのプライマリーギアのブッシュのガタ、
ファーストモーションギアのベアリングの破損です。

粉々です。

現代芸術の様な、ドレンプラグの金属片はコレが原因です。

ミッションケースの中はキラキラ星屑スターダスト状態なので、
徹底的に洗浄致します。

金属粉をかなり吸い上げているので、ポンプ、各メタル類を点検します。

そんな訳で「K」様、出来上がりまで今しばらくお待ち下さい。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Tue 2009-10-27

ガラスのうろこ取り

車のフロントガラスの水垢、ウロコ気になりませんか?

ミニなんかだと、ガラスが目線に近いのでガラスの水垢気になると思います。
雨でワイパーが掻いてモヤモヤになったり、水切れが悪かったり、
ウロコのせいで、夜間走行に乱反射で見え辛かったり・・・。

ましてや旧車なんかでガラスにスクラッチ傷があって、
しかもガラスにウロコがあると、気が狂いそうになりませんか?

gazou_091017_5002.jpggazou_091017_5005.jpg

そこで、WAKOケミカルのウロコレス!
変なネーミングですけど、イイんです。効きます。
簡単、手間無くウォータースポット、油膜、撥水剤皮膜落としが出来ます。

右の画像みたいに、
水で濡れたウェスでガラスを拭くとウロコが浮いてきます。
写真で写りづらいですけど、わかりますか?下側三分の一との違い。

施工前と施工後です。

gazou_091017_5003.jpggazou_091017_5006.jpg

常連のお客様の「K」様のVWウィネベーゴに施工してみました。

ガラスの埃、砂を洗い流し、付属の専用フェルトに適量取り擦るだけ。
あとは洗い流して、拭き上げて完了です。

メガネをかけていない人には分かりづらいでしょうか、
汚れたメガネで周りを見回し、メガネを洗ったあの爽快感を味わえます。
是非、試して見て下さい。視界クリア気分良好です。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Tue 2009-10-27

目詰まり・・・

トランクの辺りから、ギュウィ~ン・・オェ~ォンと変な音が聞こえる・・・との事で、
入庫しました、ミニメイフェアです。

フュエルポンプからの音鳴りです。

ここ最近、音鳴りをし始めたそうなので、
とりあえず、フュエルフィルターを交換して様子を見ることにします。

オーナー様はミニに乗り出して三年程経つそうですが、
過去一度も交換した記憶も無く、フュエルフィルターの外観もそれを物語っておりました。

gazou_0718_01.jpg

取り外したインジェクション車用のフュエルフィルターです。

ばらしてみたらこの有様。目詰まりしています。

交換して音鳴きは、ひとまず止まりました。
フィルターが目詰まりしていたせいで、
フュエルポンプに負荷がかかっていたのでしょう。

また、ガス欠ギリまで乗る癖のある方は要注意です。
ガソリンにポンプが浸かっている状態でポンプ自体を冷やしているので、
早めに給油してやって下さい。

フュエルポンプが逝くと高価です。勿論走行できません。

フュエルポンプの為にも、フィルターは最低でも車検の際には必ず交換しましょう。
当社の12ヵ月点の折には点検しております。早めの交換を実施しましょう。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Mon 2009-10-26

男の仕事場(笑)

オイル臭く、ガソリン臭い、しかもクーラント臭いのは最近の事(笑)。

そんな、テポドン2号の男汁プンプンの仕事場にキラリと光るNEWパーツ。
ステアリングアジャスターです。

gazou_091019_1001.jpg

勿論、以前から装着はしていたのですが、イマイチ剛性感が無く、
サーキットで、しごいて乗ると、ふにゅふにゅ~ん・・って、
ステアリングシャフトがたわむ様な感じでした。

gazou_091019_1000.jpg

そこで、「TTR NEW高剛性ステアリングアジャスター(ステンポリッシュ)」を投入!

しかも店の在庫から・・・。売りモンなんですけど・・、まぁ・・いっか。

~96yモデルまで対応の、ステアリングアジャスターです。

非常に高剛性でハンドルからの路面のインフォメーションも掴みやすく、
ステアリングフィールが抜群に向上します。
取り付け状態で約2cm調整が可能のすぐれモノです。

ナンてったって、作りが良く、仕上げも綺麗です。
お値段も¥9450と、お手ごろ価格。お勧めします。

ここぞって時に、ふにゃふにゃ・・してんじゃねぇ~よ!とお思いのアナタ。
草食系男子なんて呼ばれて、ヘラヘラしているアナタ。
また、女子に「アナタのシャフト・・、ふにゃ〇〇ね!」「役立たず!」と罵られたアナタ。
是非、取り付けてみて下さい。見違えるほどシャキッとします。
gazou_091026_0.jpg※イメージ画像です。
「アラ、まぁ不思議・・・なんて素敵な硬さ❤天狗様みたいなシャフト・・」って感じで、
高剛性なアジャスターを取り付けて、男の硬さを取り戻しましょう!
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Sun 2009-10-25

WEBERガソリン漏れ

当社でミニを3台乗り継いで頂いている、「K」様のBRITAX仕様の1300です。

WEBERキャブのガソリン漏れでお預かりしました。

ついでにオーバーホールを行います・・って、言っても全バラにして洗浄、
パッキン類交換の比較的軽微な作業内容です。

gazou_091002_0001.jpggazou_091002_0009.jpg

まずは、キャブを取り外し何処から漏っているか、まずチェックして、
バラす前に点検がてら、キャブボディを洗浄致します。

カバーを外し、古いパッキン類を剥がします。
カバー取外しの際にパッキンが固着している場合、
マイナスドライバーなどを無理に剥がすと傷が付き、
ガソリン漏れの原因になるので要注意です。丁寧に優しく取扱下さい。

フュエルフィルターを抜き、ジェットカバーを開け、ジェット類を取り外します。

ここからは一つ一つ丁寧に点検して、不具合を見つけながら洗浄します。

gazou_091002_0020.jpggazou_091002_0027.jpg

トップカバーを外す際、フロートも一緒に持ち上がるので、
引っ掛けて曲げない様注意します。

ピンを抜き、フロートを取り外します。
ピンは、2mmのピンポンチなどを使い、スリ割の入っている方から軽く叩き、
ある程度抜けたら、後は手で引き抜けます。

フロートのリップ部の磨耗等をチェックし、ニードルバルブを取り外します。
このニードルがへたると、油面の変化やオーバーフローなどが起こるので、
新品に交換します。

ボトムカバーからのガソリンにじみが目立ちます。
勿論、ガスケットは新品に交換します。

gazou_091002_0021.jpggazou_091002_0034.jpg

カバーを外して、ジェット、ジェットホルダーをそれぞれ外します。
一つづつ傷の点検と掃除を行います。

アイドルスクリューを取り外すと・・・・、
右のアイドルスクリューの先端部が欠けています。

アイドリング不調の原因でした。

また、アイドルスクリューのテーパー部に段付き等ある様であれば、
迷わず新品交換しましょう。

gazou_091002_0039.jpggazou_091002_0054.jpg

あとは組み上げて完成です。
あえて注意するとすれば、スロットルバタフライ、フロート、各ジェット、
ニードル部分、アイドリング経路、加速ポンプピストンの作動に特に注意します。

リンケージのピロの動きが渋いので調整し、エアクリーナスポンジを新品に変えます。
WEBERに限らずですが、キャブのファンネルについては、
街乗り中心のお客様には当店ではお勧めしてません。
やはり、エンジンの耐久性や日常の扱いを考えるとエアクリーナーを勧めます。

しかし、ファンネルのキャブの豪快な吸気音の魅力はたまりません!
気持ちは痛いほどわかります。まぁ、その辺はお客様のご判断で・・・・。

gazou_091002_0050.jpggazou_091002_0046.jpg

エンジンに火を入れ、各調整を行います。

リンケージスプリングは必ずチェックします。
リンケージスプリングが弱っていると、アクセルの戻りが弱くなり、
アイドリングが高く安定しない等の症状が出る場合もあります。

ジェッティング含め、元々セッティングはある程度出ていたので、
アイドリング調整を終え、ガソリン漏れの最終点検をし実走でテストします。

OKです。お待たせしました。
WEBERキャブのO/H作業ですが 口径と仕様によって作業内容方法は変わります。
WEBERキャブのO/Hをご依頼される場合は、車種と車輌の状況、エンジンの仕様。
キャブの状況と不具合箇所、また、わかる範囲で使用年数などをお知らせ下さい。


余談ですが、キャブマニア(笑)の皆様が、天候や高度差によって、
ジェットが・・・云々、アウターベンチュリーが・・なんたらかんたら・・と、
キャブを弄っている様子を見聞きしますが、日常走行やチューンドエンジンで無い場合、
ある程度セッティング出ていれば、そこまで騒がなくても、充分に普通に走れます。
コレ本当!

そもそも、キャブ車でそんな標高の高い所に行くな!っつう話です(笑)。

皆様がどうお考えかわかりませんし、異論反論あると思いますが、
私の私見で極端な例えですけど・・・、
要はピンポイントのセッティングで、例えば〇〇サーキットで、季節、天候、気温・・・で、
100%の実力を出すか・・・、言葉悪いですけど、ある程度、緩いぼやけた、
若干濃い目の(笑)乗りやすい安心セッティング・・・で、本来の~90%位の案配で、
何の気兼ねなく、手間無く乗れるかの違いじゃないでしょうか?

例え話はさておき、実際かなり手のはいったシビアなチューンドミニを乗るなら、
キチンと空燃費を求め、プラグの番手も変えて、気温、標高差でセッティング・・・、
当然必要です・・・、当たり前の話です・・・。

街乗りや峠で、ちょこっとチューンやキャブ換装位で騒いでいるのはナンセンスです。
中古のキャブを取り付けたり、根本的にジェッティングがあっていなかったり・・・と、
セッティング云々って言う前に、基本整備をしっかりしてから騒ぎましょう!
エンジンコンディションや点火系他が完調でない場合が多々見受けられますから・・。
まずは、きちんと点火タイミングとったり、圧縮測ったりと基本をしっかりしましょう。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Sat 2009-10-24

木枠な感じ。

gazou_090928_43.jpg

こんな感じ良くないですか?

なんかイイ感じです。ある意味理想です。

当店クラシックミニからNEWミニ取り扱いしております。

どんな些細な事でも、ご遠慮なくご相談下さい。
お力になれると思います。

皆様のお問い合わせ、ご来店をお待ちしております。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Sat 2009-10-24

二本出し。

ここのところ、カスタム連発の「O」様です。
毎度毎度、素敵な無駄遣い、有難う御座います。

そんな訳で、今回マフラー交換のご依頼です。

gazou_091017_9009.jpg

TTR製のチタンサイレンサーのラージボアのステンセンターパイプのチョイスです。

これまた、イイ音するんだ・・。

ピンで回して走っていると正直、深夜早朝は煩い!
でもコレはコレで、ありな音で結構イイ感じです。

爆音推奨でご近所の皆様、申し訳御座いません。

gazou_091017_9008.jpg

作りがよく、ほとんど無加工で装着できます。

なんてったって軽くて、仕上げが綺麗。
クラシカル雰囲気に、走りのテイストも併せ持つマフラーです。
お値段お高めですけど、お勧めします。

カスタムしたい・・・って、是非ご相談ください。イカした一台に仕上げます。

それはそうと、カスタム熱って、
やっぱり周りの環境が左右するなぁ・・・と思います。

「O」様の周りは強烈なミニ達が多く、そりゃ影響受けるでしょう・・・って感じ。
排気量〇〇〇〇cc・・で、ピストンが・・・、カムが何たらで・・、クロスが・・、
それで公道走るの?車検通るの?・・って、ミニばっか・・(笑)。
ノーマルの普通のミニは一台もいないのですから・・・。
やっぱり「オレも!」って、なるのは自然な流れかと思います。

最近、弄りたいって方が少ないので、バンバン弄って頂戴!カスタム応援します!
物欲全開レッドゾーン!!そんな暑苦しい方、当店大歓迎で御座います。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Fri 2009-10-23

プラグについて

スパークプラグについて。

一見、何てことない部品なんですが掘り下げるとかなり難しい話題で、
私自身、あんまりよく解っていないディープな話になってしまいます。

そんな訳で、主に熱価その他について、真面目にお話します(笑)。

スパークプラグの中心電極の碍子(がいし)表面温度は、通常450℃~950℃の範囲にあるのが良いとされています。約450℃と言う温度は碍子に付着したカーボンを焼き切ってしまう事が出来る温度で、この温度以下ではカーボンを焼き切ることが出来ず、カーボンが堆積しミスファイヤーの原因になります。また、950℃以上になると碍子が熱源となって、プレイグニッション(過早点火)を起こしてしまう場合があります。その様な状態になると、エンジン本体にダメージを与えてしまう事になります。

エンジン回転中スパークプラグ先端は非常に高温度の燃焼ガスにさらされているので、受けた熱を逃がさないと、先端温度はどんどん上がってしまいます。このスパークプラグが受けた熱を発散させる度合いを熱価(ヒートレンジ)と言い、熱が発散し易いスパークプラグを高熱価(冷え型)、熱が発散し難いものを低熱価(焼け方)と言います。

それぞれエンジンに適した熱価のスパークプラグがあるのですが、熱価の合わないプラグを使用した場合、例えば必要以上に高熱価(冷え型)を付けた時、中高速時にはそれほど問題は起きないでしょうが、低速時及びアイドル時には燃焼ガスの量も少なく温度も高くないので、中心電極の温度が下がってしまい、カーボンが堆積しエンジン不調になる場合があります。逆に必要以上に低熱価(焼け型)を使った場合は、低速時にはあまり問題は無いのですが、高速高負荷運転を続けた場合に、中心電極の温度が高くなり過ぎ、プレイグニッションが発生しパワーが落ちたり、異常燃焼により、エンジン本体に重大なダメージを与えます。

スパークプラグの熱価の一般的な判断の仕方は碍子部分の焼け具合で判断します。

※NGK様のHP画像参照です。

00.jpg狐色に焼けていれば良好。

01.jpg 黒くカーボンが付着していれば熱価が高すぎる。

08.jpg 白く粉を吹いた様になっていれば熱価が低すぎる。

09.jpg プレイグニッション(過早点火)を起こした場合。

ただ、しばらくアイドリング状態が続いた後や、市街地走行が中心の使用環境等の場合、
スパークプラグを外して点検した際に必ずしも狐色になっていない場合がほとんどです。
多少カーボンが付着した状態でも熱価が合っていないとは言えません・・・。


さてさて、では皆様が乗っているミニやMGやロータスの場合はどうかと言うと、
ミニやMG-B、ミジェット(Aタイプ)の場合、マニュアルではチャンピオンのN9Yが指定です。

これは日本で最も一般的なNGKの熱価にすると6番になります。
ですから、BP6ESとかBP6EYと言ったものを使えばいいのですが、
5番でも殆ど問題なく、街乗り中心では、かえって燻りづらくイイようです(キャブ車の場合)。

ロータスT/Cの場合、指定はチャンピオンN7Yになっています。
これも同様で、BP7ESとかBP7EYと言ったものを使えば良いことになります。
チューニングしていないスタンダードな状態のエンジンであれば6番の方が良いようです。
アイドリングから通常の高速走行まで全く問題は起きていません。
7番だと、長くアイドリングを続けたような時に燻ることが時々あるようです。

記号の見方ですが、BPR6ES NGK社製の場合、

B ⇒ ネジの太さを意味します。
P ⇒ プロジェクト量(電極の突き出し量)を意味します。
R ⇒ 抵抗が入っている事を意味します。
6 ⇒ 熱価を表します。
E ⇒ ネジの長さを意味します。
S ⇒ 電極の形状を意味します。Aは標準、YはV溝付き等です。

余談ですが、国産プラグだと以下の記号がつく場合もあります。

L ⇒ デンソー製と熱価を合わせる為に設けた中間を意味する物です。
     つまりこのプラグは熱価が5Lとなり、5.5であるという事です。
11 ⇒ 電極の隙間の大きさを意味します。11は1.1ミリという事です。
      ここに何も書いていない物は0.8ミリという事です。



チョッと、話はそれますが、しばらく寝てた車のエンジンを掛けようとした時、
全く掛かる気配がない・・・といった経験があるかと思います。
燃料系、電気系を点検しても全く異常がなく、スパークプラグを点検しても、
かぶりも燻りもなく電極の磨耗も正常・・・。
しかしエンジンが掛からない・・・と、いったことが時たまあります。
こんな時は、モノは試しにスパークプラグを新品に交換してみて下さい。
多分、掛かっちゃうと思います。何でか知らないけど・・・・。
一度、始動したエンジンに、原因となったスパークプラグを戻しても、
エンジンは正常に再始動しちゃうんです・・。なんでかは謎です。わかりません。

まぁ、スパークプラグになにかしらの原因があるだろうと思われます。
そこで、予備のプラグ1セット位はは常時車載しといた方がヨイでしょう。

長くなりましたが、ここで私がお話したかったのは、むやみやたらに高価なスパークプラグを購入し、クルマに入れっぱなしよりは、普段の使用状況や環境に応じて、クルマに合った熱価の標準的なスパークプラグを定期的に交換する習慣を持って下さい・・と、言う事です。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Thu 2009-10-22

ハワード・ディヴォートとジョン・マクガフとバリー・アダムソン マガジン

マガジン Magazine

1977年にバズコックスのオリジナルメンバーだった、
ハワード・ディヴォートが結成したバンドです。
セックスピストルズの登場に触発されたマンチェスター郊外、ボルトンのカレッジに通う、
ピート・シェリーがハワード・ディヴォートと結成したのがバズコックス。
1stシングル"Spiral Scratch"で、マンチェスター・パンク最初のバンドとして、
その名を永遠にとどめることとなるのですが、その後ディヴォートは脱退します。

契約から、デビューへと至るバズコックスを尻目に、
ディヴォートは76年終わりに新たなバンドを結成、それがマガジンです。

彼等の特徴は、ディヴォートの艶かしく妖しいVo、
知性溢れる、社会的コメントと文学的/詩的アート性の同居した歌詞。
そして、メンバーの強力な演奏力でした。
特にディヴ・フォーミュラの妖しいシンセ、
バリー・アダムソンのファンキーかつメロディアスなベースライン、
そしてジョン・マクガフの、繊細かつ攻撃的なギターサウンド。
「ロキシー・ミュージックとヴェルヴェット・アンダーグラウンドの合体」とも評され、
エッジの効いたメロディアスなサウンドと、シニカルな歌詞が特徴で、
いま聴いても、めちゃめちゃカッコいいです。

しかしセールス的には振るわず、81年の5thアルバムをリリース後、
リーダーであるディヴォートが脱退し解散しました。

1980年代ニュー・ウェイヴにおけるネオサイケの源流として語られたり、
またレディオヘッドが影響を受けたと語ったことで再評価を受けています。

gazou_091019_0.jpg

2009年に再結成しツアーを行った様です・・・。


ハワード・ディヴォートはピート・シェリーと結成したバズコックスを
1stシングル「Spiral Scratch」をリリース後、脱退しマガジンを結成します。

マガジン解散後は、ソロアルバム「Jerkey Version of Dreams」を発表、
次いでギタリストのNoko、デイヴ・フォーミュラらと「Luxuria」を結成し、
2枚のアルバムを残した後、音楽活動から引退。

2000年には、再びピート・シェリーとバズクンストBuzzkunst名義でライヴを行い、
突然の復活で驚かされました。

2002年にはShelly Devote名義でシングル「Buzzkunst」を発表しました。

ジョン・マクガフ John McGeoch 私の好きな英国ギタリストのTOP10に入ります。

john_mcgeoch.jpg
 
McGeochの日本語の呼びは従来から、
マジョーチ、マクガフ、マッゴフ、マッゴー等諸説あり、、
音楽雑誌では、それぞれカタカナ表記で掲載していました。
多分、一番メジャーな呼び方が「マクガフ」だと思います。

近年「マッゴー」が原音に近いという説が有力ですが、
2009年の再結成ギグのYoutube動画やDVD「Real Life + Thereafter」で、
ディヴォートがMcGeochについて触れる際に「マッギオーク」と、
発音しているのが聞けます。まぁ、どっちでもいいんですけど・・・。

1980年、3rdアルバム「Correct Use of Soap」録音後、
スージー・アンド・ザ・バンシーズに加入するため脱退します。
バンシーズ「JuJu」などで独特のギターサウンドを奏で、
80年代英国ニュー・ウェイヴの代表的ギタリストでした。

私もジョン・マクガフを知ったのはスージー・アンド・ザ・バンシーズからでした、
ちなみに、キュアーのロバート・スミスもバンシーズでギター弾いていました・・。

バンシーズとキュアーのロバート・スミスについてはまたの機会に・・・。

バンシーズ脱退後は、元スキッズのリチャード・ジョブソン、
ラッセル・ウェッブ、元マガジンのジョン・ドイルらと、
ジ・アーモリー・ショウ The Armoury Showを結成するんですが、
1stアルバムをリリース後脱退します。

ジョン・ライドン率いるP・I・Lにも参加しますが、
ツアー中ステージ上で客の投げた酒瓶を受け怪我するアクシデントに遭い、
またまた脱退・・・。

その後、音楽シーンから引退し看護師として働いていたそうなのですが、
2004年3月4日に亡くなったそうです・・・。
このコラム書いていて亡くなったのを知りました。合掌。

デイヴ・フォーミュラ Dave Formula キーボード 
1978年、ボブ・ディッキンソンの後任として加入。
マガジン在籍中、他のメンバー(マクガフ、アダムソン)とヴィサージュに参加するなど、
ニュー・ウェイヴ系テクノ・サウンドに深い関わりがあり影響をもっています。

マガジン解散後は、ディボートが結成したラグジャリア?だったかなぁ・・に参加。
その後音沙汰なかったのですが、キーボーディストとしての活動は続けていた様で、
2001年にザ・フィンクス The Finksというバンドで活動後、
現在はThe Angel Brothersという民族系?バンドに参加しているそうです。

バリー・アダムソン Barry Adamson ベース
マガジン解散後は、ニック・ケイヴ率いるバッドシーズのメンバーとして活躍します。
その後、ソロ活動に転向し、架空のサウンドトラック路線で、
コンスタントにアルバムをリリースし続けています。

gazou_091018_1.jpg

バリー・アダムソンの作品を聴いたのは、
確かデヴィット・リンチの「ロスト・ハイウェイ」あたりからでした・・。
デレク・ジャーマンの「ラスト・オブ・イングランド」の音楽もやっていたと思います。
重々しいサウンドだけど、ホーンセクションが非常にカッコよく、
胡散臭くいかがわしい雰囲気で、お気に入りの音でよく聴いています。
 
ジョン・ドイル John Doyle ドラムス 1978年加入。
マガジン解散後は、ジョン・マクガフらとジ・アーモリー・ショウ The Armoury Showを結成。

マーティン・ジャクソン Martin Jackson ドラム
1stアルバム「Real Life」リリース(1978年)後、脱退します。
その後、スウィング・アウト・シスターのメンバーとして活躍します。

ネオサイケの代表的バンドである、
ザ・カメレオンズ The Chameleonsにも参加していました。

ロビン・サイモン Robin Simon ギター ウルトラヴォックスのギター。
1980年のツアーに、直前に脱退したジョン・マクガフの代打として参加。
ライヴ・アルバム「Play」で聴くことができます。

ベン・マンデルソン Ben Mandelson ギター
ラスト・アルバムとなった「Magic, Murder & The Weather」の録音に加入。
マガジン解散後は、XTCの初期メンバーである、
バリー・アンドリュース率いるシュリークバックに参加。

その後、3ムスタファズ3 3 Mustafa's 3を結成します。

ボブ・ディッキンソン(Bob Dickinson)キーボード
マガジン結成時のオリジナル・キーボーディスト。1stシングルの録音前に脱退。


どうですか?・・・、この面子!80年代ニューウェーブ界?のそうそうたるメンバー達です。
チョッとUK音楽シーンに詳しい方であれば一つや二つは必ず聴いた事のあるバンドに、
メンバー達が結成したり、在籍していました。

明らかにパンクとは違った地平を目指した存在感と革新性を持った、
UKロック史上に燦然と輝く素晴らしいバンドです。

チョッとオドロオドロしいサウンドは、
日本のビジュアル系にも受継がれていると思います。
とにかく、聞いてみて下さい。今までのパンクミュージックとは違う・・・、
このバンドからパンクのトレンドも多様化していったような気がします。

イギリスのニューウェーブムーブメントをご紹介する上で外せないバンドです。

英国車を取り扱いする当店としては、皆さまにチョッと掘り下げて、
私がリアルタイムで感じた、当時の空気を感じて頂ければと思います。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。

Wed 2009-10-21

打ち合わせ不足・・・。

埼玉県にお住まいの「N」様です。
定期的にオイル交換はじめ、メンテナンスにご来店頂いております。

先日、オイル交換のご依頼とブレーキランプが点きっぱなし・・・との事で、
お預かりしました。

早速、作業開始です。

gazou_091004_1001.jpggazou_091004_1002.jpg

まずは、オイル交換です。

抜いたオイルの量や汚れを必ずチェックします。
特に異物や金属粉や金属片も出てこず、コンディション上々です。

gazou_091004_1004.jpggazou_091004_1005.jpg

さて、ブレーキチェックランプが点きっぱなし・・・ですが、

あれ・・今現在は点いていません・・。

フルード漏れなのか?各部点検致します。
マスターシリンダー大丈夫そうです。
Pバルブも大丈夫です。
キャリパー、ブレーキホースも大丈夫です。

リアのホイールシリンダーを点検します。

・・・・ん~ん、ドコからも漏れていません・・・。

サイドブレーキの動きがイマイチなので、ついでに調整します。

フルードは多少減っているので補充して、「ん~変だなぁ」と思いつつ作業終了です。

パッドが減ってピストンが押され、フルードが減る?場合もあります。
日常チェックランプが点く程ではありませが、クルマが斜めになったりすると、
点灯する場合もあります。

一応、コレで「N」様にご連絡しミニを引き取りに来て頂きました。

・・・・が!

「N」様がお帰りになって、30分位してお電話があり、
「今度はブレーキランプが左右共に点かない!」と・・・・、

当店まで気を付けて戻って来て頂きました。
大変申し訳ありません。ご迷惑をお掛けしました。

当初のお話で点きっぱなしになっていたのは「ストップランプ」でした・・・。

私が「N」様とお打ち合わせした際に、「ブレーキランプ」と伺ったのを勝手に、
「ブレーキチェックランプ」と思い込んでしまい、作業を進めてしまいました。
大変、ご迷惑をお掛け致しました。

どうりでフルードが漏っていない訳だ・・・。

gazou_091004_66.jpggazou_091004_61.jpg

原因はストップランプスイッチです。
コレが動きが渋く、戻りが悪くなっており、固着しかかっていました。

新品交換で、アッと言う間に無事解決です。

ブレーキの分解、調整、清掃代を頂いてしまっていたので・・・、
スイッチの部品代のみを頂き、あとの作業は当然クレームとさせて頂きました。

なんて事無い内容の修理でしたが、
打ち合わせの際のチョッとした齟齬で大変ご迷惑をお掛けしました。

立つ瀬御座いません・・・。反省しております。

コレに懲りずに次回のご来店をお待ちしております。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Tue 2009-10-20

こんなクルマにも乗ってます・・。

091020 002

ADO16シリーズのオースチン・エステートMK3です。
70年代当時、新車で140万円位したそうで・・・。

ADO16と言えば、バンプラ系やMG系は、そこそこメジャーですけど・・・。
希少車というより、まぁ珍車です。

実はゲテモノ好きの私の愛車です。

ひと頃はよく店に乗って来ていたもんで、車検が切れてからは放置プレイでした。

一部のお客様の間では「幻の一台」と噂され、
あるお客様には「オースチン・タイプ3バリアント」なんて言われたモンでした(涙)。

ライレーが板金屋さんから上がってこないので、仕方なく出動させます(笑)。

やっぱり・・・、ライレーは後回しの刑でした。
現在は、以前にご紹介した姿のままです・・・。
まぁ、皆様のご想像通りかと・・・。

只今、オーダー頂いているクラブマンエステートの追い込みと、
事故に遭われたミニを一台急遽板金作業中なんです・・・。

それはさておき、オースチンはオースチンで、
半年以上ほったらかしにしていたので、えらく調子悪いんです。

参った・・・。

そんな訳で、暇見て整備して、ミニデイに間に合わせます。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Tue 2009-10-20

SUキャブのOHなんですが・・・、

綺麗に吹かない、引っかかる、運転中アクセルをパーシャルで波打つ・・、
どうも調子がよくなく、しかもガソリン漏れで、お預かりしたミニです。

症状をお伺いし、お預かりで作業開始です。

点火系点検、点火時期点検、各気筒圧縮点検・・・。
ベストコンディションとは言いませんが、特に問題ありません。

gazou_0901_6002.jpggazou_0901_6003.jpg

汚れでグチョグチョでべとべと・・・、マニホールドから取り外し、全バラ洗浄です。

開けたら、コレです。ダンパーオイル空っぽ、ワニスびッちり、
ジェットやポッドを点検しながら綺麗にしていきます。

gazou_0901_6005.jpggazou_0901_6006.jpg

ダンパースプリングはヘロヘロになっているので新品交換。

各パッキン類は新品交換。

ジェットとニードルはご予算の関係で磨いて洗浄して再使用。

gazou_0901_6000.jpggazou_0901_6001.jpg

フロートも交換したいところですが再使用。
油面を調整して各部清掃。

フロートポットの合わせ面にゴミ噛みしており、
ガソリン漏れにつながったと思われます。

バタフライの軸に気持~ち、ガタがありエアーを吸っていました。
とりあえずですが、Oリングを入れて、シールします。

後は劣化した燃料ホースを交換して組み上げて、完成です。

エンジン始動してみると大分調子よくなりました。
吹け上がりもスムーズで、ガソリン漏れも解決。
エアー吸いを見つけて、修理したので微妙な波打ちも治りました・・・が、
正直この状態のキャブならば、しっかりオーバーホールをご依頼して頂くか、
新品にASSY交換をして頂いたほうが後々お客様の為かと思います。

キャブレターも消耗品です。摺り合う部分が減ればこうなります。御理解下さい。

SUのシングルキャブでコレですから、
SUツインやWEBER(スプリットウェーバーやロータス、セブン等の他車種)等の
多連装にしたキャブの場合は言わずもがなです。

いくら調整しても調子を崩したりするのは、
エンジンや他の部分に問題が無い場合、キャブ本体に原因があります。

何度も何度も調整しようが修理しようが、キャブ名人が調整しようがダメなものはダメ!

完調にならず、だましだまし調整して乗っていて、その度に調整セッティング代を支払って、
こんなモンだ・・・なんて思って乗っているのなら、キャブ自体を新品にして見てください。
一発で治りますから。コレ本当!
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Mon 2009-10-19

ついでに交換・・・、その2

当社の女性オーナー様の中で、一番古くからお付き合いさせて頂いている、
埼玉県にお住まいの「M様のミニです。

本日、オイル交換でご来店頂きました。
定期的にオイル交換はじめ、メンテナンスにご来店頂いております。

ATノンオーバーホールで100,000km目前です。
いろいろありましたが壊れないんです・・・。このミニ(笑)。

今回、オイル交換でご来店。早速、作業開始です。

gazou_090916_6005.jpggazou_090916_6007.jpg

特に異物や金属粉や金属片も出てこず、
オイルは汚れているけど、さほど気にするほどではありません。
ATのミニに限らず、量や汚れを必ずチェックします。

オイルエレメントも交換致します。

gazou_090916_6002.jpggazou_090916_6009.jpg

今回、エンジンが大分揺れており、
ステディロッドブッシュの交換が追加作業になりました。

熱と揺れでブッシュがぐずぐずになっていました。

特にAT車の場合は、定期的にエンジンの揺れを点検しましょう。
今回、ステディロッドブッシュは「1mmワイド圧入」を使用しております。

gazou_090916_6012.jpggazou_090916_6011.jpg

エアーエレメントは汚れていたので交換。
ついでにインジェクターを洗浄。

多分、コレで燃費もある程度は改善する事でしょう。

そんな訳で作業終了。

この様に「エンジンの揺れ」一つとっても、
早めに対処して頂ければ大きなトラブルを未然に防ぐ事が出来ます。

目視ですけど、無料にて点検実施致しております。

当社で各種修理、車検整備24ヶ月点検、12ヶ月点検整備実施の車両は
もしものトラブルには引き上げサービスを行っております。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Sun 2009-10-18

こりゃぁ、イイ! その2

以前から、リクエストを頂いており、欠品中だったRAM-FLOタイプのエアクリーナー。

「RACING GEAR」よりリリースされました。

091017 053

画像はSU3/4用です。

RAM-FLOと比べより軽量に、
またパンチングメタルからメッシュタイプのカバーに形状変更。
それにより空気流入量が増加しました。

メッシュカバーの固定にはセンターロック機構を採用し、
よりスタイリッシュに生まれ変わりました。お勧めです。

RACING GEAR ハイパフォーマンス エアクリーナー  WEBER40 ¥8,610
RACING GEAR ハイパフォーマンス エアクリーナー  WEBER45 ¥8,610

RACING GEAR ハイパフォーマンス エアクリーナー SU3/4 ¥6,142
RACING GEAR ハイパフォーマンス エアクリーナー SU1/4 ¥6,142
RACING GEAR ハイパフォーマンス エアクリーナー SU1/2 ¥6,142

それぞれ一個のお値段です。SUのツインキャブの場合、2ヶ必要です。

お値段は多少RAM-FLOよりお高めですが、
実際につけてみて頂ければ、仕上がりの良さに納得して頂けると思います。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Sun 2009-10-18

こりゃぁ、イイ!

このところカスタム連発!の埼玉にお住まいの「O」様です。

前回スタビ、オーバーフェンダー投入頂いてから、
間をあけずに今回のオーダーを頂きました。
オフセットシートアジャスターとH4ライトのお買い上げです。
有難う御座います。

mini0101 072mini0101 071

まずは、TTRセンターオフセットシートアジャスター シルバーです。

シート前後のアジャストはもちろんの事、
ステアリングの位置に合わせて左右にアジャストすることも可能な便利グッズ。
肉厚で剛性も安心のお勧めの商品です。

ところが、チェンバレン左ハンドルなんです・・。
商品設定がありません・・・と思ったら、今回タートルトレーディング様より、
左H用の試作サンプルを特別にわけて頂きました。有難う御座います。

これで、ステアリングのセンターに体が来ます。

gazou_090928_20003.jpggazou_090928_20001.jpg

そして、シールドビームだと夜間走行が疲れる!との事で、
チョイス頂いた、PIAA arcマルチレフ・リング ヘッドライトです。

分かります・・・、その気持ち。
シールドビームだと暗いんですよ・・。特に夜間の雨なんか怖く感じます。

チョコッと配線加工して取り付けです。
ちゃんとライトのお椀にピッタリサイズ。
某メーカーのイカリングタイプみたいに、
~96yモデルは納まらない・・、なんて事はありません。

gazou_090928_20000.jpggazou_090928_20004.jpg

PIAAによるarcオリジナルヘッドランプ。
マルチリフレクターによる鮮やかなカッティングに、球面レンズ。コレ大事!
フラットなレンズカットより、ミニには似合う気がします・・・。

どうですか?ハイワッテージバルブの威力で明るさは段違いです。

更にスモールランプはLEDバルブによる、ナウい(笑)イカリングタイプ。
球切れの心配もなく、消費電力も低減。もちろん車検対応品で言う事なし!
お値段の高めですが、HIDよりお勧めします。試してみて下さい。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Sat 2009-10-17

祝!納車

先日、納車させて頂きました、「I」様のモーリス・ミニ・マイナー改です。

ご契約の際のご注文の各パーツ、追加手直しのオーダーも終え、
無事納車になりました。納車整備の内容をご紹介致します。

gazou_091004_0005.jpggazou_091004_0007.jpg

法定点検プラス、 水周り点検清掃交換、ベルト調整、
充電系点検、プラグ、コード類他点火系点検清掃交換、
駆動系点検、クラッチマスター、レリーズ点検清掃他etc・・・
各部注油、まし締め、各部チェック点検の上、作業を進めます。

オイル交換、エレメント交換を終え、
キャブ清掃調整、エアクリーナー清掃、
多少、音が出ていたので、タペットクリアランスの調整を致します。

gazou_091004_0021.jpggazou_091004_0025.jpg

オイル漏れの点検と、下回りの点検を行い、洗浄いたします。
各部注油、まし締めをし、アンダーガードを外し清掃致します。

シフトロッドを見て、気付いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そうです、5速なんです。このミニマイナーは・・・。

gazou_091004_0012.jpggazou_091004_0017.jpg

ブレーキまわりは要整備致します。

キャリパーピストンシール点検清掃後、フロントブレーキパッド面取り、ピン新品交換、
ホイールシリンダー新品交換、リアシュー新品交換組み込み、
マスターシリンダー清掃点検の上、フルード交換、FRエア抜きを行います。

gazou_091004_0023.jpggazou_091004_0016.jpg

テンションロッドブッシュ交換 、サブフレームマウント点検交換、
エンジンマウント点検交換致します。

フロント、リアハブ分解清掃、グリス充填、各ジョイント分解調整、
各ゴム類、シール類、ブーツ類、要点検交換。
ブーツ類は切れていると車検には受かりません。

gazou_091004_0008.jpggazou_091004_0006.jpg

車内側も各計器類交換、追加取り付け、
ステアリング交換を行い、各スイッチ類作動確認を行います。

gazou_091004_0004.jpggazou_091004_0002.jpg

水周りはウォーターライン、ラジエター洗浄、
サーモ、ガスケット、ラバーブッシュ新品交換。
クーラントを抜き替えます。

オイルを入れて、エンジン始動し各部点検し、試乗に出ます。
点火タイミングを取り直し、細かい部分の手直しをして整備完了です。

gazou_091004_0001.jpggazou_091004_0003.jpg

内装の清掃を済ませ、外装を磨きあげて完成です。
無事、納車させて頂きました。お買い上げ有難う御座います。

如何でしょうか?5速仕様のモーリス・ミニ・マイナー。

TV放送の取材を受けた車両という事で、
商談のお話を頂いてから数日後には、BMWミニショウルームに約三週間貸し出しで、
現車の無い中、御成約頂きました。不安だったんじゃないでしょうか(笑)。

本当にお待たせしました。

「I」様はモーリス・ミニを完全に趣味車として、お買い上げ頂きました。
楽しんで頂ければと思います。イベント、ツーリングお誘い致します。ミニで遊びましょう!
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Fri 2009-10-16

雨の洗礼・・・?英国製品の洗礼?

当店でお買い上げ頂いて、早2ヶ月あまり、
305ミーティングで富士スピードウェイへ行かれたりと、
ミニを満喫して頂いている「H」様です。

先日の雨の日にトラブル発生。
異常に気付き、早々にご来店頂きました。

デスビの点火トラブルです。早速、修理開始です。

gazou_091004_2006.jpg

雨で失火したかなぁ・・なんて感じで手を付け始めてみると、
雨の進入も原因の一つですが、原因はポイント不良です。

コンデンサーがパンクしており、ポイントが溶けておりました。
ありがちって言えば、ありがちのトラブルなんですけど・・・。

gazou_091004_2004.jpg

納車整備の際に点検交換は実施したのですが、
どうも・・・・、製品不良のようでした。

Lucas製なので、たま~にこういう事あります。

勿論、保障期間内なのでクレームで対応させて頂きます。
大変、ご迷惑をお掛け致しました。

gazou_091004_2000.jpg

ついでに、点火時期の点検を行い無事修理完了です。

一発始動絶好調です。

何かあれば、ご遠慮なくご連絡下さい。

さて、今度は11月の浜名湖ミニデイご一緒しましょう。

当社でお買い上げ頂いた車両には、保障をお付けしております。
もしもの際のトラブルにも、引き上げサービスを行っております。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Thu 2009-10-15

バズコックスとピート・シェリー

バズコックス Buzzcocks
マンチェスター音楽シーンの草分け的存在です。

gazou_091003_100.jpg

1976年、ロンドンでセックス・ピストルズのライブに痺れた、
ピート・シェリーとハワード・ディボートによって、バズコックスが結成されました。

当時イギリスでパンクシーンが全く栄えていなかった為、
地元マンチェスターに自らピストルズを呼ぶ事を計画します。

自らが前座を務めた当日ですが、観客はわずか42人でした・・・。ですが、その中には後にジョイ・ディビジョンを結成するバーナード・サムナーとピーター・フックや、ザ・スミスのモリッシーなど、マンチェスターはじめ後のUK音楽を変えていく面々がおりました。

このエピソードはパンクのDIY精神の体現として、
多くの後進のバンドからリスペクトを受けています。

バンドは1981年に一度解散するのですが、1989年に再結成され、
現在も活動を続けている・・・と思います。

最近、あんまりこの辺聴いていないモンで・・・スイマセン。

そんな中で、ピート・シェリーは大好きで、今でもよく聴いています。

540.jpg

TELEPHONE OPERATOR 1983y

十年位前かなぁ・・・、ドコモのCMに使用されたので、
耳にした方も多いんじゃないのでしょうか?
ひょっとしたら日本でリバイバルヒットするのではと期待しましたが、
そんなことはまったくありませんでした(笑)。・・・・名盤です。

80年代半ば、当時のディスコでの盛り上げ、アンコールネタとして、
よくかかっており、当時は若者達が振り付きで踊っていました(笑)。

83年にイギリスでエレポップが台頭して来た頃にリリースされた、
アルバム「XL1」からの1stシングルです。

パンク味の人の作品なので、勢いが一味違います。濃いです。

他のエレポップのグループの様にリズムを打ち込んでいてもより激しく、
それに乗って刻まれるギターの音色はソリッドで、痺れるぐらいカッコいいです。
また、マガジンのバリー・アダムソンのベースもリズム面のパンチに貢献しています。
そのあたりが、今聴いてもまったく古さを感じない理由かもしれません。

ただ、アナログ盤B面ラストに収録された発信音をカセットテープに録音して、
パソコンで再生すると映像が見られるというオマケは時代を感じさせます。
確か「コンピューター・ワールド」なんて邦題だったかと思いますが、
今となっては、お笑い以外の何者でもありません。

そういえば・・・、
昔々六本木に「玉椿」ってディスコがあって、
私がたまたま玉椿に遊びに行っていた時に、
俳優の嶋田久作(当時は劇団、東京グランギニョルの頃ですか・・)が居て、
「TELEPHONE OPERATOR」がかかると、長い手足を振り回し、踊り狂っていましたっけ・・・。

あまりの形相と迫力に・・・、呆気にとられたのを、
今でも「TELEPHONE OPERATOR」を聴くと昨日のように思い出します。

逆に、映画やTVで嶋田久作を目にすると、
頭の中に「TELEPHONE OPERATOR」が流れます・・・。
ある意味・・・、トラウマです(笑)。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Wed 2009-10-14

車検です。

車検でお預かりの「T」様のポール・スミスです。
高崎にお住まいで、当店でお買い上げ頂いて、丸4年。

日常のメンテナンスから、車検と長くお付き合いさせて頂いております。

当店で、12ヶ月点検を実施してから一年、ぼちぼち消耗品類が痛み始めてきており、
この車検の機会にリフレッシュ致します。

しっかし・・、ポール・スミスの入庫多いなぁ・・。
冗談抜きで、当店のお客様だけで10台以上います。人気の程が伺えます。

さて、作業開始。

gazou_090928_22000.jpggazou_090928_22008.jpg

法定点検プラス、オイル交換、エレメント交換、エアクリーナー清掃、
水周り点検清掃交換、ベルト調整、燃料系、充電系、点火系点検清掃交換、
駆動系、クラッチマスター、レリーズetc・・・、
各部注油、まし締め、120項目のチェック点検の上、作業を進めます。

オイル漏れの点検と、下回りの点検、洗浄致します。

gazou_090928_22018.jpggazou_090928_22023.jpg

お預かりした時にアイドリング異常、回転不良を起こしておりました。

インマニから、エア吸いを起こしており、ダウンパイプから排気漏れです。

まずはインマニガスケットを交換致します。
スロットルボディも取り外しついでに、インジェクター点検清掃を行い、
各負圧ホース点検、フュエルトラップ点検致し、フュエルフィルターを交換致します。

無事、回転不良は収まりました。

gazou_090928_22010.jpggazou_090928_22004.jpg

ブレーキまわりは要整備です。

キャリパー、ピストン、シール点検清掃後、
ブレーキパッドは残があるので清掃面取り、パッドピン交換。
リアはホイールシリンダー左右交換、
リアシュー面取り、ドラム清掃、バックプレート点検。

マスターシリンダー点検清掃を行い、フルードを交換しFRエア抜きを行います。

足回りはリアハブの動きが渋かった為、左右分解洗浄してグリスを詰め替えます。

gazou_090928_22007.jpggazou_090928_22030.jpg

ダウンパイプの破損、亀裂で排気漏れです。

経年変化、疲労、エンジンの揺れ、車高が落ちていて路面と接触するケース等々、
考えられる原因はいくつかありますが、最終のミニでも新車登録から9年経ちます。
ダウンパイプが痛んでいる様であれば、迷わず交換して下さい。

蛇腹の部分がパックリ切れており、排気漏れを起こしております。

何度も書いていますが「エンジンの揺れ」に大きく関係があり、
揺れをほおって置くと、この部分にしわ寄せが来ます。

DELTA製5ZIGENのダウンパイプを使用致します。
エキゾーストのトップメーカー「5ZIGEN]とデルタの共同開発で、
純正品より約2cmもロードクリアランスを確保し下回りの干渉を防ぐ設計。
パイプ径を2.3mm太くすることで排気効率もアップさせています。
強化ガスケット付、当店で一番の売れ筋です。お勧めします。

インジェクション車でダウンパイプ交換するなら社外品をお勧めします。
純正品より安価で、造りが綺麗で、耐久性もバッチリです。
いろいろと各社の対策が盛り込まれていて、パワーアップも期待できます。

また、交換するなら「LCB」に、という方、
インジェクション車用、キャブ車用、各種LCB取り揃えております。是非、ご相談下さい。

gazou_090928_22026.jpggazou_090928_22031.jpg

スロットルボディのバイパスの配管です。
腐食でホースが膨らんでしまっていた為、多少水漏れしていました。

腐食を落とし、清掃し、ホースを点検します。

水周りはクーラント抜き替え、ラジエター、ウォータライン洗浄。
サーモ交換、ガスケット交換、サーモボルト腐食の為、ステンレス製に交換。
電動ファンスイッチ交換、ベルトは調整でOKです。

gazou_090928_22021.jpggazou_090928_22040.jpg

テンションロッドブッシも痛んでおり交換致します。

ブッシュが痛んだまま走行を続けると、アライメントが狂ったり、
テンションロッドが曲がったりするので、早目の交換を実施して下さい。

ロアアームブッシュ、リバウンドラバー、シャフトシール等点検致します。
車検には受かりますが、是非この様な機会に点検交換を実施して下さい。

立体駐車場のゴンドラに下回りを擦らない様、車高を気持ち上げ気味で、
アライメント(サイドスリップ)調整を行い、無事車検合格。

お待たせしました。

走行距離関係無しに、気になる事があれば、点検にご入庫下さい。
不具合を早期発見出来ます。大きな出費は必ず避けられます。

ここまでやって(ダウンパイプ部品代、交換含まず)、車検整備、交換部品、油脂類、法定費用合わせてで約¥150,000位です。
高いか安いかはお客様ご自身で判断して下さい。
整備内容を考えたら、安いと思うんですけど・・・(笑)。

当社で各種修理、車検整備24ヶ月点検、12ヶ月点検、6ヶ月点検整備実施の車両は
もしものトラブルには引き上げサービスを行っております。

改造車、いじり過ぎて車検が心配な方、各種構造変更、公認作業ご相談下さい。
お見積もり、代車無料(要予約)、
無料引き上げサービス(一部地域有料の場合もございます。)
お問い合わせ、ご連絡お待ちしております。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Tue 2009-10-13

定期点検は大事です。

ご近所にお住まいの「O」様です。
今回、釘を踏んでパンク修理と定期点検のご依頼を頂きました。

「O」様の実家で採れる、新鮮野菜をお土産に頂いたり、
当店での「焼き」の際に、野菜提供して頂いております。
いつも有難う御座います。美味しく頂いております。

そんな訳で、いつも頂いている野菜に感謝を込めて、
野菜分上乗せして作業致します(笑)。

当店での車検修理、お買い物の際のお支払いに、
現金、カードは勿論の事、お米や野菜、お肉や魚でのお支払いも可能です。嘘です。

gazou_0901_2001.jpggazou_0901_2000.jpg

まずはパンク修理から、画像の真ん中に釘。
幸いな事に、真っ直ぐ刺さっていたので、パンクリペアキットで補修で済みました。
欲を言えば、早めのタイヤ交換をお願い出来ればと思います。
パンク修理の場合、どうしても高速走行でのタイヤの強度が心配になります。

まぁ、スピード出したりしなければ問題ないんですけど・・。
様子見て、タイヤ交換考えてみて下さい。エアーを測って完了です。

gazou_090922_1016.jpggazou_090922_1007.jpg

最近、燃費がよくない・・とのご相談で、
法定点検プラス、各部点検整備です。

オイル交換、エレメント交換、エアエレメント清掃、点火系点検清掃交換、
駆動系、クラッチマスター、レリーズetc・・・、各チェック点検の上、作業を進めます。

多少、タペット音が出ているので、バルブクリアランス調整。
タペットカバー、ボルトブッシュ交換です。

gazou_090922_1011.jpggazou_090922_1010.jpg

オイルの汚れは、普通で、ドレンボルトのスラッジも無く、良好です。

プラグはこの状態なので、新品交換致します。

「O」様、最近街乗り中心で、ゴー・ストップが多い上に、
そんなに回す機会も無いので、プラグが煤けてしまい、
燃費悪化につながったものと思います。

gazou_090922_1015.jpggazou_090922_1017.jpg

特に大きな不具合は無いのですが、
各負圧ホース点検、スロットルボディ、インジェクター清掃を行い、
フュエルトラップのワンウェイがイマイチで交換です。

また、フュエルフィルターも点検致します。
インジェクション車の場合、フィルターの目詰まりで、
ポンプに負担が掛かり、故障の原因を招いてしまいます。
定期的な点検交換をお勧めします。

gazou_090922_1018_20091005132012.jpggazou_090922_1000.jpg

今回、ブレーキ周りは、FR清掃、調整でOKです。
ブーツ類、ブッシュ、マウント類点検交換、足回り、ジョイント類点検まし締め、
車高調整、アライメント点検調整、各部グリスアップをして完成です。

チョッとした、気になる事をお伝え下さい。
今回のように、小さい芽のうちにトラブルを解決できる事があります。

当店ではお客様のお車をお預かりする際に、
大体のご予算を伺ってから、整備内容を打ち合わせいたします。
気になる部分があればお知らせ下さい。
また、作業開始後に大きな不具合が見つかれば、お客様にご連絡し、
高額修理になる場合はご相談をしながら作業を進めます。

定期点検はとても重要です。お見積もり、代車無料(要予約)です。
お問い合わせお待ちしております。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Mon 2009-10-12

体育会系英国車ショップ風な匂い・・・(笑)

こちらは、当社のセブンです。Kレーシング改です。

「いいから・・ブン回せや、兄さん」で、ブローした過去を持つセブンです(笑)。

gazou_0901_1003.jpg

レース参戦後、オイル交換とブレーキメンテナンスです。

gazou_0901_1002.jpg

FRパッドを点検し、交換・・・って思っていたら、全然減っていません・・・。
ブレーキ踏んでいないのか(笑)、車重が軽いので、パッドが持つのかは分かりませんが、
面取りして、フルード抜き替えて、エア抜きして終了です。

セブン2連発掲載だと、
体育会系英国車ショップ風な匂いがプンプンします(笑)。
イヤだなぁ・・・おいおい!
当店は英国紳士の集う上品なお店なんですけど・・。嘘です。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Mon 2009-10-12

体育会系英国車

チョッと前に、納車させて頂きました、「A」様のケータハムスーパー7です。
天気が良くヒマさえあれば、元気よく乗り回して頂いております。有難う御座います。

初めてのセブン、初めてのキャブ車が面白くて仕方ない様で、
本日快晴なので、多分どっかの峠でガソリンばら撒いていると思います。

そんな「A」様のセブンの納車整備の内容をご紹介致します。

gazou_090922_3035.jpggazou_090922_3002.jpg

法定点検プラス、 水周り点検清掃交換、ベルト調整、
充電系点検、プラグ、コード類他点火系点検清掃交換、
駆動系点検、クラッチマスター、レリーズ点検清掃他etc・・・
各部注油、まし締め、各部チェック点検の上、作業を進めます。

gazou_090922_3040.jpggazou_090922_3027.jpg

オイル交換、エレメント交換を終え、キャブ清掃調整を行います。

多少カブリ気味でしたが、回しているうちに調子出てきました。
セブンやこの手の車の場合、チョッと、ご近所試乗位じゃイマイチな感じがあると思います。

カブリ気味で調子判断している場合があるので、
そこら辺をふまえた上で、キャブ調整を行います。

gazou_090922_3007.jpggazou_090922_3011.jpg

ブレーキまわりは、毎度要整備です・・・が、クルマのコンディションがよく、
フロントはキャリパー、ピストン、シール点検清掃後、
フロントブレーキパッドたっぷり残があり面取り、ピン新品交換で、
リアはホイールシリンダー点検清掃、リアシュー面取り調整、
マスターシリンダー清掃点検の上、フルード交換、FRエア抜きでOKでした。

各ブッシュ、マウントを点検し、足回りを増し締めします。

gazou_090922_3010.jpggazou_090922_3009.jpg

オイル漏れの点検と、各部注油、下回りの点検を行います。

ミッションオイル、デフオイルを交換し、フロント、リアハブ分解清掃、グリス充填、
各ジョイント分解調整、各ゴム類、シール類、ブーツ類要点です。

プラグ交換し、点火系を点検清掃致します。

gazou_090922_3029.jpggazou_090922_3028.jpg

水周りはラジエター洗浄して、ホース類がイマイチなので交換、
クーラントを抜き替え、エア抜き致します。

オイルを入れて、エンジン始動し各部点検し、試乗に出ます。
点火タイミングを取り直し、細かい部分の手直しをして整備完了です。

gazou_090922_3020.jpggazou_090922_3023.jpg

車内側も各計器類作動確認、各スイッチ類作動確認を行います。
内装の清掃を済ませ完成です。

アルミの磨きは「A」様の楽しみの為に、あえて残しました(笑)。
どうぞ、腱鞘炎になるまで磨き上げて下さい。

イベント、ツーリングお誘い致します。遊びましょう!

なんて、言っていたら、先日「A」様より、エンジンがかからない・・と、TELがありました。
カブらしてしまった様です・・。
そんな「A」様に、地獄のチューナー北見先生からお言葉です(笑)。gazou_d.jpg
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Sun 2009-10-11

行って来ました。

先週の6、7日と猪苗代湖にツーリング兼、社員旅行?に行って来ました。

本来、この日は「タートルクラブマンカップ」の予定だったのですが、
諸事情で急遽延期となり、予定があいてしまった為、
走行予定だったお客様数名と一緒に猪苗代湖へ、
台風到来承知の上で遊びに行って来ました。

gazou_091008_038.jpggazou_091008_074.jpg

まぁ、雨天は覚悟していましたが、
栃木那須を過ぎた辺りから雨は上がってきました。ラッキー!

gazou_091008_044.jpggazou_091008_067.jpg

福島へ入り郡山で高速を降り、ラーメン屋で昼食。

そのあと、今晩の食材とアルコールを買出しをして、
一路、猪苗代に向けてワインディングへ。

あっという間に猪苗代湖に到着。
今晩の宿の駐車場で荷降ろしを・・・なんて思っていたら、ミニ談義(笑)。

gazou_091008_046.jpggazou_091008_094.jpg

部屋に上がったら、このロケーション!
晴れていたら最高の眺めでしょう・・。

でも、気持~ち日が差してきました。

gazou_091008_048.jpggazou_091008_051.jpg

ここで釣り組、ドライブ組、飲み組に分かれ、
4時ごろ再集合って事で、それぞれ思い思いに遊びに行きます。

飲み組は宴会の準備、仕込みを始めます。
まずはアルコールの補給から(笑)。

gazou_091008_112.jpggazou_091008_052.jpg

こじんまりと焼き始めます。

五徳囲んで、一杯。
なんで、普通の缶ビールがこんなに美味しいんだろう?なんて、考えつつ、
びんびん空き缶が溜まっていきます。

gazou_091008_104.jpggazou_091008_061.jpg

全員戻ってきて、本格的に宴会開始です。

酔いも回って、もうここから画像がありません(笑)。

そんな訳で、暗くなるまで浜辺で過ごし、
部屋に戻って温泉に入りさっぱりしてから、宴会二回戦突入!

私、11時頃にはすでに寝ていて、あとは知りません・・・。

翌日、早朝から釣り組はどっか行ってます・・・・(苦笑)。

しかし、当社オーナーはじめ、釣り組の皆様は凄い!
普段はアレなのに、こういう時は超早起き!寝不足知らず!
私にには解りません・・・。真似できません・・・。

朝はノンビリと温泉につかり、マッサージチェアでTVの皆藤愛子を眺めていたいモンです。

gazou_091008_121.jpggazou_091008_120.jpg

さてさて、釣り組も戻り、帰り支度をして出発です。

今日は喜多方へ超穴場のラーメンを食べに向かいます。
結果、ラーメングルメツーリングの感じです。

地元の人が列なす位の超人気店で、昼時大分待ちました。
待ったかいあり、美味美味!大変美味しゅう御座いました。

ラーメン屋を後にし、地場のお漬物と蔵元を訪ねお土産を物色。

gazou_091008_0910.jpggazou_091008_088.jpg

秋深しな、会津路って感じでしょうか・・・。
ワインディングを抜けて、西会津から高速に乗ります。

新潟回りで帰路に着きます。

関越トンネル抜けたら、大雨!台風来てるのすっかり忘れてました(笑)。

幾分、ペースダウンしつつ、赤城高原SAで再集合し解散です。
参加の皆様お疲れ様でした。

いやぁ~、私今回満喫しました。
何てたって、自分のクルマで行って無い所がミソ!
ミニ・英国車を取り扱いしていてナンですが・・・(笑)。

仕事がらみ無し、運転無し、私、しっかりくつろげました。最高!
休みの間、お問い合わせ頂いた皆様、楽しんできて申し訳御座いません。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Sun 2009-10-11

期待に応えます。ステアリングラック交換編

車検整備、ヘッドオーバーホールと連続掲載の「M」様のライレーエルフです。

懸念だった、走行中の異音、がたつき。
各所点検したところステアリングラックのガタです。要交換です。

gazou_0905_079.jpggazou_0905_127.jpg

車内のマウントを外し、ステアリングシャフトを抜き取ります。

割と簡単に書いていますが、結構手間の作業なんです。

gazou_0314_2031.jpggazou_0314_2030.jpg

取り外したラックASSYと新品ラックASSYです。
ステアリングラックのジョイント部に、まったく油っ気がありません。
錆が発生しており、大きくガタが出ております。

ここまでの大きなガタが出るのは、寿命といえば、寿命なんですが・・・。
前回の整備点検の際に見落としていたのも原因の一つです。

そんな訳で、「M」様には部品代負担して頂き、
作業工賃は大幅ディスカウントさせて頂きます。

gazou_0905_008.jpggazou_0905_012.jpg

グリスを詰めなおし、各所点検してから取り付けます。

ラック交換自体は二人がかりで、小一時間ほどかかります。

ステアリングシャフトを外し、ボディとフロントサブフレームのマウントを外し、
ボディとフレームを動く様にし隙間をつくり、其処から交換致します。

gazou_0905_014.jpggazou_0905_021.jpg

これで、車検整備、要修理交換作業、全て終了です。

一月ぶりに、エンジンに火が入りました。

始動してみて一番最初に気付いたのはエンジン音です。
異常なほど静かになりました(笑)。
振動も収まり、粛々とエンジが回っております。

チョッとそこまで試乗に出て、おぉ!速っ!いい加速してます。
当たり前っちゃぁ、当たり前なんですけど・・・。

gazou_0905_140.jpggazou_0905_020.jpg

最後に各部増し締め、キャブ調整、光軸調整、
あとはハイドロを補充して車高調整、アライメント(サイドスリップ)調整して終了。

無事、車検合格です。

今回は、ヘッドオーバーホールやステアリングラック交換、
車検整備を同時に作業行いましたので、整備代が高額となってしまいましたが、
末永く楽しんで頂ける仕上がりになっていると自負しております。

当社で各種修理、車検整備24ヶ月点検、12ヶ月点検、6ヶ月点検整備実施の車両は、
もしものトラブルには引き上げサービスを行っております。

改造車、いじり過ぎて車検が心配な方、各種構造変更、公認作業ご相談下さい。
お見積もり、代車無料(要予約)、無料引き上げサービス
(一部地域有料の場合もございます。)ご連絡お待ちしております。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。

Sat 2009-10-10

期待に応えます。ヘッド編

「M」様のライレーエルフの続きです。今回、ヘッド編です。

実際の作業順序とは前後しております。

オイル下がりを起こしており、オイルの消費が大きく、加速時に白煙・・・、
パワーも大分落ちてきたので、「M」様と話し合いの上、ヘッドオーバーホールを実施します。

「オイル下がり」とは文字どおり、オイルが「上から下へ」下がる症状で、
具体的には、エンジンのヘッド(バルブのあるところ)部分を潤滑しているオイルが、
燃焼室に入り込み、爆発時にガソリンと一緒に燃えてしまう症状です。

オイル下がりを判断する方法は、アイドリング時にマフラーから、
「青白い煙」が出ていることで判断できます。
特にエンジンが冷えている時の始動直後に発生すれば、
確実にオイル下がりが発生しています。

原因はバルブを支持しているバルブガイドの摩耗やバルブステムの摩耗、
バルブに取り付けられているオイルシールの摩耗、硬化、破損等が考えられます。
つまり、本来はオイルが燃焼室に入ってはいけない訳で、
擦動構造部分のクリアランスが大きくなってしまい、異常が発生しているわけです。

バルブガイドやバルブ自体の摩耗が進んでいる場合は、
これらの部品交換とバルブシートと新バルブのすり合わせ加工が必要となります。
ですが、「オイル下がり」の場合は「オイル上がり」に比べ修理代も少なくて済みます。

ご予算の都合もあるので作業は限られますが、
軽く面研磨、ガイド入れ替えとシートカット、バルブ交換等作業です。

gazou_0905_088.jpggazou_0905_092.jpg

まず、各気筒の圧縮を計り、
4気筒ともコンディションを判断します。

gazou_0905_095.jpggazou_0905_106.jpg

ヘッドを剥いで、内燃機屋さんに加工修理に出す前に、
水周りのウォーターラインを洗浄します。

gazou_0905_107.jpggazou_0905_108.jpg

ヘッドを剥いで、ガスケットの状態を診ます。
3、4番がつながっていました・・・。開けて正解です。調子がイマイチな訳です。

また、以前このエンジンを組んだ時に、液体ガスケットを大量に使用したか・・で、
ウォーターラインやオイルラインにはみ出しており、芳しくありません。

gazou_0905_118.jpggazou_0905_114.jpg

ヘッド側も然りです。
ガイドのガタ、バルブシールの硬化でオイル下がりを起こしていました。

バルブはこの状態ではダメです。
コレではキチンと閉まりません。

gazou_0905_083.jpggazou_0905_028.jpg

バルブ自身も曲がり、ガタがあり、
今回、吸排気共にバルブは新品を使用します。

gazou_0905_084.jpggazou_0905_046.jpg

各パーツを洗浄し、咬み込んでいたコッターもあった事から、
コッターも新品を使用します。新品のコッターをオイルで馴染ませ養生させます。

モアパワーでチューニングという訳ではないですし、ご予算の兼ね合いもあるので、
再使用できるバルブスプリング等はそのまま行きます。

gazou_0905_022.jpggazou_0905_047.jpg

外したヘッドは内燃機屋さんにお願いして、
面研磨、バルブシート、バルブ摺り合わせ、ガイド打ち替えを行います。

一番から四番までバルブを組みつけていきます。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
当店では、ヘッド、ブロックをオーバーホールの際にリペイントしております。

綺麗なBMCグリーンのヘッドになりました。

gazou_0905_049.jpggazou_0905_048.jpg

バルブの組み付けも終わりました。
ロッカーアームも準備完了です。

前回にご紹介した水回りは、
ウォーターポンプ、各ホースの取り付けを終え、
各ベルトを取り付けていきます。

gazou_0905_003.jpggazou_0905_002.jpg

タイミングカバーを外し洗浄後、リペイント。

オイル漏れの原因でもあった、タイミングシールを交換します。

右の画像の右下にスピードメーターケーブルが見えます。
この辺り、ベトベトのグチャグチャ。汚れをこそげ落とし洗浄してから組み付けます。

gazou_0905_041.jpggazou_0905_053.jpg

ピストントップを綺麗にして、カーボンを除去して、
新品のヘッドガスケットを用意します。

モアパワーチューニングする訳ではないので、スタッドボルトは再利用しました。
出来れば交換したいところが、本音です。

加工作業の終わったヘッドを組み付けます。

もう一つのオイル漏れの原因のチェストカバー。
パッキン、ボルトパッキン新品使用し、規定トルクで締め込みます。

gazou_0905_057_20090913122213.jpggazou_0905_059.jpg

ロッカーアームを取り付け、各バルブクリアランスを調整していきます。

オイル下がりは普通は徐々に進行していきます。
旧車や走行距離数の多い車は必ず発生します。

対策は、ヘッドのオーバーホール以外に方法はありません。
ケミカルで誤魔化しても完治はしません。早めに、オーバーホールを決断しましょう。

さぁて、あと一息です。大掛かりな整備はとりあえず終了です。
次回、ステアリングラック交換編に続きます。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。