-- --------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mon 2009-03-16

汚ったねぇ・・。 アンダーガードについて、その1

ミニにアンダーガード。
定番のパーツです。

車高を落としたミニは路面とミッションケースのクリアランスが少なくなり、
突起や悪路、段差等でミッションケースを破損する場合があります。

そこで、アンダーガード(ミッションケースのガードカバー)を装着します。

ところが、アンダーガードがオイル等で汚れ非常に汚い状態を多く見受けます。

オイル交換の際に付着したオイルを清掃しないのでしょうか?
また、オイル漏れを放置していて、漏れてきたオイルでべとべと!のまま。
オイルで付着した泥のコーティング状態の車が多いです。

アンダーガードにオイルパック、泥パックは必要ありません。
お肌の為にっていうか、金属ですから肌荒れの心配はありません。

gazou_0218_0073.jpg

酷い車は、こそげ落とし、削り落とす程の汚れです。
ポン〇のクレンジングクリーム3本分の厚化粧のバ〇ァ並みの凄さです。

異物満載で驚きます。
小石、ボルト、ナット、ワッシャーは当たり前!
管ヒューズ、スパナ等の工具!まで、出てきた事があります。

gazou_0218_0001.jpg

取り外して、清掃後です。

あまりにも汚いと、オイル漏れの点検修理の際に非常に困ります。
アンダーガードに蓄積している汚れ、オイルのせいで、
「アンダーガードからのオイル漏れ!」の状態になります。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。