-- --------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sun 2009-03-01

諸費用って、ナンだ?

さて、さて、今日から三月です。春近しな感じです。
新卒の皆様、もう車はお買いになったのでしょうか?
まだなら、是非当店でミニ英国車を検討してみて下さい。

車を買うときに、いろいろ良く分からないまま、
契約書にハンコを押していないですか?
今回はミニ英国車の購入を考えている方に、
わかりやすく車の諸費用についてお話致します。

「そもそも諸費用って何だ?」
「諸費用ってナニ?」
「何で車本体以外にこんなにお金かかるの?」
そう思っていた方、多いんじゃないでしょうか。

お客様の車を安心して乗れるようにし、車をお客様のものにする為の費用だったり、
税金や保険等をひっくるめた費用の事です。
文字通り諸費用としか書いてない、超アバウトな明細無しのお店や、
適当な諸費用の極悪店もあるのでお気をつけ下さい・・・。

それでは、代表的なモノから、説明致します。

登録費用。
登録費用と言うのは登録書類を作成して、車検証にお客様の名義で登録すること。
3~万位が相場じゃないですか?当店は25,000円です。
高いか、安いかはお客様が判断して下さい。

ナンバーが変わらない登録の場合は書類作成提出でOKですが、
ナンバー変更を伴ったり、ナンバー無し(中古新規)を購入する場合は、
車を陸運支局に車を持ち込み、ナンバーを取得して封印を貰います。
遠方登録の場合では追加費用を頂きます。
(例えば、当店の群馬から目的地までのガソリン代、高速代等の実費等)

つづいて、整備(点検)費用。
整備費用は基本的には「車輌価格に含む」ことになっています。
動く状態にするための整備?と、
いうわけのわからない解釈があるので混乱すると思います。

ミニ英国車の場合「安心して乗れる」状態にするのが大変重要で、
必ず整備は必要です・・・。ただ動く状態と、安心して乗れることはまるっきり別の事です。

そもそも業界の古くからの慣習じゃないかと思いますが、
中古車業界に定着していないので別途と考えていた方が、よいと思います。
当店の場合、検付きの場合、車両価格に含みます。検無しの別途頂いております。

まぁ、納車整備が車体価格に含まれていると、
ナニを、いくら位整備をしているのかも普通は判らないでしょう。

当店では、納車整備において、
交換した部品、作業内容は全てお客様に確認して頂いております。

そして車検を含むか含まないか、あとは排気量などで金額は変わりますが、
3~4万が相場でしょうか・・。
当社の場合、納車準備に消耗部品だけで5万円前後は使用します。
コレが一番大事です。ナニを、どの位整備をしたかが肝心です。
勿論、購入頂く車に瑕疵があった場合は、
当然修理しての車両金額ですから安心して下さい。

例えですが、
A店の場合、格安中古車販売店に多い形態です。
整備費用は少額だけど、殆どなにもしないで、現状OKなら、そのままというお店。
(オイル交換くらいはしてくれるかもしれないですけど・・・・)
車検の場合もユーザー車検で通ればそのまま。
普通の人が考えているより、驚くほど簡単に車検は受かります。
何度もお話していますが、車検という制度に合格すればOKとなります。
ミニ英国車の場合、この様な業態のお店での購入はトラブルの元となります。

B店の場合、当社や一般的な修理販売業者
ある程度の整備金額の代わりに予防的な整備交換までやるお店。
私的には、一番普通の形態だと思います。
その代わり車両本体価格の他に整備費用がかかります。当たり前なんですけど・・・。

C店の場合、極悪非道な中古車販売店
高額な請求なのにAのような状態にしかしないお店。いわゆる悪徳店ですな・・・。
言わずもがな・・、この様なお店で購入した場合、地獄を見ます。

納車時にどんな状態にしてくれるのかが、一番重要!
しっかりお店とのコミュニケーションをとりましょう。
単純に金額だけで判断してはダメです。
「ばっちり整備しときますから!」もダメです。
ナニをどうして、こうなりました。が、肝心です。

そして、車庫証明費用。
車庫証明をお客様に代わって、所轄警察に申請代行費用です。
これは地元の所轄警察に平日に2回(提出と引き取り)行く手間賃です。

ヒマのある人は、ご自身で申請してみて下さい。
家族の誰かや、友人等に行ってもらっても大丈夫です。

さらに、下取り諸費用。
下取り車の抹消、または名義変更など登録上の処理をする費用。
もちろん下取り車が無ければ、請求される事はありません。
いまだ下取り査定料を請求するところもあるようですが、
査定無料の時代には、さすがにナンセンス!
まさに諸費用で儲けているお店です。この様なお店は要注意です。

当店では、下取り車の名義変更、廃車費用は無料にて承っております。

法定費用
お上に納めるお金で、コレは削れませんし、全国金額は変わりません。
基本的に、私どもが貰うものではありません。
たまに法定費用ですら吹かしている見積もりを見ます・・・。ご注意下さい。

車検切れ、または購入時に2年取得延長する車の場合(検2年付きなど)は、
以下の費用を頂きます。
○自動車税の3月までの残月分
○自賠責保険24~25ヶ月分
○重量税
○リサイクル料
○あたらしめの車は取得税
(実際の価格ではなく国が決めた評価額50万以上の車はその5%)
他に証紙代、ナンバー代等がかかります。

車検が残っている場合
○自動車税の3月までの残月分
○自賠責保険の残月分
○リサイクル料
○あたらしめの車は取得税
他に証紙代、ナンバー代等がかかります。

最後に保証費用ですが、保証がオプション形式のところは、必要です。
任意のところでも内容と金額が納得できれば、
保険みたいなものだから、入ったほうがいいと思います。

当店は全車保障付きで販売しております(一部車両除く)。
安心してください。保障内容はお問い合わせ下さい。

以上が諸費用の代表的なものです。

それ以外には届けてもらうと納車費用(陸送代)とか、希望ナンバーの予約代行料とか・・・

最近はさすがに減りましたが、まだ納車前の洗車などの納車準備費用、
ローン手続きの代行(利用)料なんかは取るところは取るでしょう。
車輌価格の低い車の場合、高金利のローンバックで利益補填をしている店は、
現金で、その車を買う場合は「現金割り増し」なんてのもあります。

諸費用には金額も含めて、理由があります。
明細のわからない部分は遠慮なく、ご質問下さい。
金額だけで判断してはダメです。
内容を確認して、車輌価格とのトータルで考えて下さい。
欲しい車がどんな内容で総計いくらで手元にくるのかで判断して下さい。

最近はコミコミ(乗り出し)価格も増えていますが整備などのサービス内容は、
絶対に確認して、納得の上で契約してください。
がんばりました、超長文にお付き合い頂き、有難う御座います。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。