-- --------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wed 2008-10-15

心が揺れずに、エンジンが揺れちゃうの・・・ミニのA/T ゆれ止め編

ミニのA/Tについて  ゆれ止め編

ミニメイフェア1.3inj A/Tにお乗りの「T」様です。
とても男前にカスタムしたミニにお乗りの女性オーナー様です。
ここ最近、通勤で急激に走行距離が伸びています。

以前に、ご来店頂き点検した際に「そろそろと」お話していた、
ステディロッドブッシュの交換と「ゆれ止め」を装着します。

gazou_1008at009.jpg

A/T車の場合、ステディロッドブッシュの痛みがMT車より
早いので定期的な点検交換が必要です。
また、距離を乗られる方は特にエンジンのゆれには注意してください。

gazou_1008at002.jpggazou_1008at001.jpg

デルタ製ウレタンステディロッドブッシュです。
ステディロッドブッシュについては素材等、いろいろな意見、好みもあり、
強化、競技用など一般公道装着については賛否両論あります。
比較紹介はまた次回ご紹介いたします。

当社では、お客様のご指定が無い限り、
A/T車はデルタ製のステディロッドブッシュを使用しています。
メリット、デメリットいろいろありますが、
当店で納車し定期的にメンテナンスでご来店いただける方にはお勧めしています。

上画像右がデルタ製アジャスタブルA/T用ロアーステディキットです。
社外品の「ゆれ止め」装着はA/T車は非常に効果的です。

gazou_1008at007.jpggazou_1008at008.jpg


ステディロッドを取り外してみると、ブッシュがバラバラになってしまいました。
ウレタン製はノーマルより遥かに衝撃吸収、振動、耐久性に優れています。
ところが、耐用期限を越えると、ある時期を境にして急激に劣化してしまいます。
ウレタン製のブッシュの悪いところです。

ただ、先ほどもお話いたしましたが乗り方、使用環境にもよります。
一概には言えませんが、A/T車の場合半年ぐらいが寿命です。

ちなみに高年式の場合、交換作業が手間がかかります。
私はステディロッドを「いらいら棒」と呼んでいます。
交換経験のある方は分かって頂けるでしょう。

gazou_1008at000.jpggazou_1008at010.jpg

ロアーステディキットを取り付けた状態です。
ミニの場合、横置きエンジンが特徴ですが、トルクリアクションが悪さします。
クランクの回転に対してエンジン頭頂部が大きく揺れてしまいます。

そこで上側ステディロッドに対して、エンジン下側ミッションケースに取り付け、
フレームとケースをつなぎ「ゆれ」を防ぎます。
つまり、エンジンの上下でゆれを押さえるという事です。

距離を乗られる方、飛ばす方は特に注意してください。
エンジンの「ゆれ」をほおって置くといろんなところに弊害が出ます。

社外品の「ゆれ止め」装着は非常に効果的です。
A/Tのミニにお乗りの方で、エンジンの揺れに困っている方、
是非、取り付けてみてください。おすすめです。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。