-- --------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sun 2008-10-12

4年間頑張りました。

お仕事が、激務の「T」様。「ミニ ポールスミス」にお乗りです。
本当に日々、お忙しいようで、自分の車に乗る暇がないそうです。

ひと月ぶりに乗ろうとしたら、バッテリーがあがっていました。

納車以来の4年物のバッテリーなので、ここは交換をしました。

よくもちました。頑張りました。

gazou_1007_01001.jpg

トランクルームのバッテリーを覗き込んでいる「T」様です。

gazou_1007_01004.jpg

新品に交換ですが、ここはプロの一手間です。新品でも補充電し電圧確認、
+-ターミナルは勿論、ボディアース等錆、汚れを落とし通電を良くします。
当店では当たり前の作業です。

グリスを塗って積み込みますが、
チョッと錆の浮いている所を発見したので、
錆落とし、プライマー処理、タッチペンしときました。

gazou_1007_01003.jpg

しびれっちゃう!ぐらいにバッテリーの電気はビンビンじゃないと困ります。
たまに、軽自動車クラスのバッテリーを積んでいる車を見受けますがダメです。
ミニは、起電力が強いバッテリーが必要です。

私、以前バッテリーから、電気をとろうとして、感電しました。
悶絶しびれふぐ・・・です。昇天してしまいました。

お仕事ひと段落したら、ゆっくり遊びに来てください。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッと押して下さい。
スポンサーサイト

Sun 2008-10-12

事の真相は・・・

日産『GT-R』が2008年4月中旬、
ドイツのニュルブルクリンクで7分29秒3という当時の市販車最速タイムを記録。ポルシェが9月30日、日産に対して「このタイムは疑わしい」と異議を申し立てた。そして、10月2日には日産がポルシェに反論。両車の「場外バトル」が欧米のメディアで取り上げられている。

gazou_gtr.jpg


事の発端は、ポルシェが行った社内テストにある。
ポルシェは今夏、米国で日産GT-Rの新車を購入。それをドイツへ持ち込み、ニュルブルクリンクで『911ターボ』、『911GT2』と比較テストを実施した。

その結果、GT-Rは7分54秒というラップタイムを記録。
日産が発表した7分29秒よりも25秒遅かったのである。ちなみに、ポルシェによると、911ターボは7分38秒、911GT2は7分34秒で周回したという。

そこで、ポルシェはある疑念を抱く。
それは、日産は市販車と違う仕様でテストを行ったのではないか、ということだ。ポルシェ911の開発責任者、August Achleitner氏は「日産はGT-Rにセミスリックタイヤを装着して走行した疑いがある」と語っている。

ポルシェからのクレームに対する日産の反応は素早かった。
10月2日、パリモーターショーの会場でメディアの取材に応じた欧州日産の広報担当、Neil Reeve氏は「我々はGT-Rに何の手も加えていない。純正のダンロップ製ランフラットタイヤを装着した状態でテストした」と反論。さらに「GT-Rと911ターボは、さまざまなメディアで比較テストが行われており、その結果を見れば両車の性能が拮抗しているのは明らか」と説明した。

gazou_gt3.jpg


それでは、なぜポルシェの社内テストでGT-Rは25秒も遅かったのか。
まずはドライバーの違いが考えられる。GT-Rの7分29秒は、元F1ドライバーでGT-Rのチーフテストドライバー、鈴木利男氏が叩き出したタイム。欧州日産のNeil Reeve氏は「鈴木氏はニュル走行経験1000回以上。コースも知り尽くしている」とコメントしている。一方のポルシェのドライバーはというと、こちらも凄い。1980年代にWRC(世界ラリー選手権)で通算14勝という輝かしい戦績を残した元WRCドライバーで、現在はポルシェのシャシー開発責任者、Walter Rohrl氏。ポルシェによると、「ニュルマスター」の異名を持つ人物だという。

ドライバーの技量の差はないとしたら、次に考えられるのは、4月中旬の日産のテストと今夏のポルシェのテストで、GT-Rそのものに違いがあったのではないかということだ。日産のテストは日本仕様でタイヤはダンロップ。一方、ポルシェは米国仕様でタイヤはブリヂストンのポテンザ。しかし、この点についても欧州日産のNeil Reeve氏は「GT-Rの純正装着タイヤにはブリヂストン、ダンロップの2種類があるが、タイヤの違いで25秒ものタイム差が出るとは考えにくい」と語っている。

GT-Rの3.8リットルV6ツインターボの最大出力は日本仕様、米国仕様ともに480ps。しかし、最大トルクは日本仕様が60kgmで米国仕様は59.5kgmと若干違う。果たして、真相は…。

《レスポンス》より抜粋、

皆さんはどう思いますか?面白い喧嘩です。
GT-Rとポルシェの天下最速市販車の座をかけての場外乱闘です。
私は両方、乗った事はありますが、動かした事はありません・・・。

400馬力!?、想像もつきません。
40馬力のミニで充分です。
http://www.rising-mini.jp/
FC2 Blog Ranking

ポチッとクリクリして下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。